Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)で最高の一杯を体験しよう

 

f:id:indo-coffeeholic:20191207174519j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

本日は、東京へ研修に行った帰り(15時半くらい)に、老舗珈琲屋の「カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)」に寄ってきましたので、紹介したいと思います。

 

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)では、コーヒーはこんなにおいしいの!?と考えが変わるほどの一杯を飲むことができます。

 

こちらのお店に行って良かったです。

ぶっちゃけ、研修より良かったです。

 

この感動を伝えたいと思い、お店に関するいろいろな情報をまとめましたので、参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)の基本情報

珈琲だけの店 カフェ・ド・ランブル より引用 

 

1948年(昭和23年)、故・関口一郎さんが始めたお店です。

現在は、2代目の方がお店を継いでいます。

ランブルは「珈琲だけの店」です。(アルコールも一部あります。)

 

こちらのお店の代名詞と言えば、「オールドコーヒー」です。

オールドコーヒーとは、生豆のまま適切な状態で保存・熟成された豆のことです。

 

今回はオールドコーヒーは飲んでいません。次回のお楽しみです。

 

 

 

 

所在地

 

東京都 中央区 銀座 8-10-15 SBM BLDG 1F

・東京メトロ銀座線「新橋駅」1番出口から徒歩5分
・東京メトロ銀座線、日比谷線「銀座駅」A4出口から徒歩6分
・JR新橋駅銀座口から徒歩7分

新橋駅から408m

 

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002564/ より引用

 

昔は別の場所にあったそうですが、運悪く火災に遭い、現在の場所に移動してきたそうです。 

 

 

 

注文したコーヒーと抽出の様子

 

【ブレンド シングル ナンバー6(ドゥミタッス)】

f:id:indo-coffeeholic:20191207182953j:plain

このカップ、光を当てたら透けて見えるくらい薄いです。

 

【抽出:ネルドリップ】

f:id:indo-coffeeholic:20191207183451j:plain

 

丁寧に、お湯が一筋の線になるように注いでいました。

ドリッパーを1秒に1回以上のそこそこ早いスピードで回して、抽出していました。

 

 

【ドリップポット:ランブル専用】

注ぎ口はペリカンでした。

 

ランブルで販売されていたポット

f:id:indo-coffeeholic:20191207184456j:plain

 

Kalita ペリカンポット

 

 

風味の感想

 

ブレンドは、ハイローストくらい(中煎り)でした。

 

口に入った瞬間は水のように感じ、その後、突き抜ける酸味が広がります。

最後にシロッピーな甘みが感じられますが、後味のキレがよく、甘みが消え、飲んだことを忘れます。

そしてまた、もう一口飲みたくなります。

 

また、クリーンカップでソフトコーヒーでした。

冷えても風味が全く変化しませんでした。

これは、本当にすごいです。

 

一言でまとめると、 最上級のコーヒーです。

 

 

 

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)のメニュー

 

大きく分けると、「ブレンド」と「ストレート」があります。

(メニューの写真は撮れませんでした。。。)

 

そのどちらにも、「シングル」と「ダブル」がありました。

シングルは豆の量が18グラムです。

(ダブルは豆が倍だと思いますが、確認はしていません。)

 

抽出量は3種類あります。

ナンバー2 100ml
ナンバー3 ノワール 70ml
ナンバー6 ドゥミタッス 50ml

 

「ちょっとハードルが高いかな?」と思った方も、安心してください。

店員さんが好み(苦い、甘い、酸味、香りなど)を聞いて、提案してくれます。

 

好みを聞かれても、特にないなー、分からないなー、という人は、Indoと同じでブレンドでいいと思います。

 

 

 

コーヒー豆の販売

 

ブレンド1種類とストレートの豆が10種類くらいありました。

今回は、「スマトラ(マンデリン)」を100g購入しました。(¥1,100)

 

レトロで味のあるはかりで量ってくれました。

f:id:indo-coffeeholic:20191207212914j:plain

 

スマトラは、ほとんど残りがなく、ギリギリ購入できました。

スマトラの焙煎日は11/29でした。(購入日12/4)

 

1週間以内に売り切れているので、常に新鮮な豆が置いてあります。

 

 

 

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)で最高レベルの一杯を体験しよう

 

 Indoが思う最高レベルの一杯とは、

①生豆の品質が良く

②焙煎でその生豆の風味を最大限まで引き出し

③抽出の技術でうま味のみをカップに抽出

という3要素がそろって初めて達成されると思っています。

 

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)で提供されるコーヒーは、これらすべてを満たす、「最高の一杯」でした。

 

Indoとしては、コーヒー好きはもちろん、コーヒーを苦手と感じている人に是非とも飲んでほしいです。

 

コーヒーが趣味になるまで ~コーヒーがおいしい飲み物に変わった瞬間~」にも書きましたが、本当においしいコーヒーを飲むことで、Indoのようにコーヒーが好きになるかもしれません。

 

お店に入るハードルが高いなーと感じている人も大丈夫です。

店員さんも親切ですし、和気あいあいとしておりオープンな雰囲気なので、身構えることなく楽しむことができます。 

 

カフェ・ド・ランブル(CAFE DE L’AMBRE)のコーヒーを飲んで、コーヒーの概念を変えてみてください。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。