Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

Indoが「ネルドリップ」と「ペーパードリップ」を愛用している3つの理由

 

f:id:indo-coffeeholic:20200111223402j:plain
f:id:indo-coffeeholic:20200119003435j:plain



どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

以前、「コーヒーの淹れ方には何種類くらいある?」という記事で、Indoの抽出技術について整理しました。

 

何種類か抽出器具は使用していますが、その中でよく使うのが「ネルドリップ」と「ペーパードリップ」です。

 

「じゃあ、なんでその抽出器具を使っているの?」と聞かれたら、それがIndoにとって最高の器具だと感じているからです。

 

今回は、その理由について書いていこうと思います。

 

 

 

 

愛用している理由1~自分の好きな風味を抽出できるから~

 

Indoは、浅煎りの「酸味」や「香り」が強いコーヒーも好きですが、それよりも、深煎りのスモーキーな苦みの中に甘みを感じるコーヒーが特にお気に入りです。

 

よく「苦甘のコーヒー」と言っているコーヒーです。

 

浅煎りのスペシャリティコーヒーはもともと苦味や雑味が少ないため、豆の風味成分をたくさん抽出できる「フレンチプレス」や「エスプレッソ」で抽出できます。

そのほうが「酸味」や「甘み」を余すことなく楽しむことができます。

 

しかし、深煎りで「フレンチプレス」や「エスプレッソ」で抽出すると、どうしても「苦味」や「雑味」が強くなりすぎてしまい、ブラックではおいしく飲むことができなくなります。

(ミルクと砂糖を淹れればおいしく飲めますが・・・)

 

その点、透過式の「ネルドリップ」や「ペーパードリップ」 で深煎りのコーヒーを抽出すると、苦味を抑え、雑味を出さずに抽出しやすいというメリットがあります。

 

深煎りの苦甘のコーヒーがIndoの好みという理由で、「ネルドリップ」や「ペーパードリップ」を愛用しています。

 

 

 

愛用している理由2~手軽だから~

 

ネルドリップは、それなりに手間がかかりますが、ペーパードリップは、使い終わったペーパーをポイっと捨てるだけでいいので、楽です。

 

使用後のドリッパーは、カップと同様に食器洗いすればOKなので、清掃性もいいので楽ちんです。

 

また、フレンチプレスなど、他のドリッパーに比べて細長くないので、普通のスポンジで洗えるのも意外と使い勝手がいいのでおすすめです。

 

 

 

愛用している理由3~デミタスコーヒーが珠玉の一杯だと思っているから~

 

以前の記事「デミタスコーヒーで珠玉の一杯を味わおう」でも書きましたが、デミタスコーヒーこそ、最高の一杯だと思っています。

 

その一杯を抽出するのは、ネルでないとできません。

 

いつか、自分も納得できる風味を抽出したい、と思っているため、ネルは研鑽のため、という要素もあり、使用しています。

 

何よりも、ネルで抽出したコーヒーは、風味が柔らかく、上質なコーヒーになるため使用しています。 

 

 

 

 Indoが「ネルドリップ」と「ペーパードリップ」を愛用している3つの理由のまとめ

 

まとめると、以下の通りです。

  1. Indoの好きな風味を抽出できるから
  2. 手軽だから
  3. デミタスコーヒーが珠玉の一杯だと思っているから

 

とにもかくにも、Indoは「深煎りの苦甘のコーヒー」が好きなんです。

 

そのコーヒーを淹れるためには「ネルドリップ」か「ペーパードリップ」が最適です。

 

自分の好みのコーヒーの風味を見つけて、それに最適な抽出方法を見つけ、Indo以上にコーヒーを楽しんでもらえればと思います。

 

ちなみに、Indoの記事でよく読まれているものはこちらです。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。