Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

「コーヒーの世界史」を読んで

 

f:id:indo-coffeeholic:20191026190445j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今回は、「コーヒーの世界史(講談社現代新書) 著:旦部幸博」を読みましたので、感想などを書いていきます。

 

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

新品価格
¥880から
(2019/10/26 時点)

 

 

 

 

珈琲の世界史 の特徴

 

珈琲の世界史 は、コーヒーの通史が分かる、初心者向けの本だと思います。

(通史:歴史年表を過去から現代までざっと通しで見ること) 

 

珈琲の歴史的な話は、他にも良書がいくつかありますが、コーヒーの起源から現代のコーヒー業界の流れまでを一冊で見通せる本は少ないと思います。

 

しかも、世界的なコーヒーの流れに絡めて日本のコーヒーの歴史にも触れています。

今の日本の珈琲屋が、過去から続いたものだということを認識できるかもしれません。

 

この本を読むことは、コーヒーをよりおいしい飲み物にするためにも一役買います。

ストーリーの分かる飲食物を、人間はよりおいしいと感じるからです。

 

この本を読んで、おいしいと思っている今のコーヒーを、もっとおいしい飲み物にしてみませんか?

 

 

珈琲の世界史 を読むにあたっての注意点

 

この本には、1点、注意点があります。

 

それは、歴史上の人物・地名・王朝などの固有名詞(カタカナ)が頭に全く入らないことです。

 

でも、挫折しないでください。

仕方ないことなんです。

 

その理由ですが、コーヒーの飲用としての起源は、アラビア(イスラームの国々、中東)のため、アラビア語圏の固有名詞がたくさん出てきます。

 

例えば、「アリー・イブン・ウマル・アッ=シャズィーリー」という人物が登場します。(本書P63)

この人は、モカで有名なイエメン(国名)にコーヒーの起源の飲み物を伝えた、と言われています。

 

こんな感じで、日本人には耳慣れない固有名詞がたくさん出てきます。

 

うまく読み進めてください。笑

 

 

 

 

いま日本で流行っているコーヒーをより深く知るために、歴史は重要

 

この記事を読んでいる方で、コーヒーを飲まない方は少ないと思います。

 

今のコーヒーの流行は、世界の歴史が分かるとより深く知ることができます。

 

そして、珈琲の世界史 を読むと、ざっと過去のコーヒー生産の歴史や苦労、そして今のコーヒーの流行へのつながりが見えてきます。

 

もしかしたら、次の流れも見えてくるかもしれません。

 

 

あなたの好みの一杯でも飲みながら、コーヒーの歴史に思いをはせてみてください。

 

 

素敵なコーヒーライフを。

 

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

新品価格
¥880から
(2019/10/26 時点)