Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

【19年10月から】コーヒーは軽減税率の対象になるのか

 

f:id:indo-coffeeholic:20190907223556j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

19年10月から、いよいよ消費税が10%に増税になりますね。

しかし、今回の増税は少々複雑です。

「軽減税率」が導入され、一部、税率8%のまま据え置きになります。

 

ボーっと生きていると、新しい仕組みに置いていかれそうです。

 

と言うわけで、調べてみました。

 

コーヒーに対して、どういった場合に、軽減税率の対象になるのか!?

 

みなさんの疑問を解決できたらと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

1.軽減税率が導入される理由とその適用範囲は?

 

まず、軽減税率が導入される理由ですが、

政府広報は、以下のようにコメントしています。

 

消費税率引上げに伴い、所得の低い方々に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に消費税の「軽減税率制度」が実施されます。

 

引用元:政府広報オンライン

 

所得の低い方向けに、飲食料品と新聞は、軽減税率対応にしよう、ということみたいです。

 

飲食料品に関しては、「酒類」と「外食」は、軽減税率の対象外です。

 

 

 

2.ケーススタディ

 

ここからは、コーヒーの購入の仕方によって、軽減税率が適用されるかされないか、シーン別にみていきましょう。

 

疑問① コーヒー豆やコーヒーの粉は?

 

コーヒー豆やコーヒーの粉は、軽減税率の対象です。

 

日常の飲料品として認められるそうです。

 

 

疑問② リキッドタイプ(ペットボトルや紙パック)のコーヒーは?

 

これも、飲料と見なされるため、軽減税率の対象です。

 

 

疑問③ 缶コーヒーは?

 

缶コーヒーも、小売店(スーパー、コンビニなど)はもちろん、自動販売機でも軽減税率の対象です。

 

 

疑問④ 店内での喫茶は?

 

喫茶店などで、コーヒーを頼んで、席で飲む。

 

こちらは、「外食」となりますので、軽減税率の対象外です。

 

スポンサーリンク

 

 

疑問⑤ コンビニコーヒーは?

 

コンビニコーヒーは、基本的に軽減税率の対象です。

 

ただ、「イートインスペースで飲んでいきます!」と宣言すれば、軽減税率の対象外となり、消費税率は10%になります。

  

 

疑問⑥ 移動販売やコーヒースタンドで、テイクアウトコーヒーは?

結論から言えば、時と場合によります。なかなか難しいです。

 

例えば、「コーヒーフェスタ」などで、移動販売の前にフェスタ専用のまとまった席があり、そこに座って飲むこと以外考えにくい場合、軽減税率の適用外で10%となります。

 

お店用の席がない場合や、公共の椅子が近くにあるけど、自前でイートインスペースを用意していない場合は、その移動販売店で提供されるコーヒーは軽減税率が適用され、8%となります。

 

さらに、コーヒースタンド前のテーブルやいすで飲む場合は軽減税率の適用外となり、消費税は10%となります。

 

ややこしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーは軽減税率の対象になるのか

 

今回、いろいろ調べてみて、勉強になりました。

 

基本的に、コーヒーは政府の定義する「飲食料品」に当たりますので、「軽減税率」が適用になります。

 

しかし、コンビニコーヒー、移動販売やコーヒースタンドは、かなりややこしいです。

 

考えても仕方ない気もしました。笑 

 

また、コーヒーそのものは軽減税率が適用になりますが、商品の梱包資材、輸送費、加工にかかる諸経費などは、軽減税率の対象外ですので、それらには10%の消費税がかかります。

つまり、商品にかかるお金がアップするので、定価の値上げがあってもおかしくないと思います。

 

具体的な例をあげると、100円の缶コーヒーが、缶の材料費、製造コストなどが消費税増税により上がるため、缶コーヒーの値段が110円になったりする、ということです。

仕方ないですね。 

 

 

ここまで、いろんなことを想定してきましたが、どれがお得だろうか?と、とやかく考えるより、飲みたいときにコーヒーを飲んで、コーヒーを楽しむのが一番だとIndoは思います。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。