Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

コーヒーの味にはどんな種類があるの?

 

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

本日は、「コーヒーにはどんな味があるの?」「苦いだけじゃないの?」という疑問に対して、お答えしていこうと思います。

 

 

 

コーヒーの味の決め手は「味」と「香り」

 

コーヒーの味のことを「風味」とよく言います。

 

風味は、「舌で感じる味」と「香り」の2つの意味があります。

 

コーヒーはまさに、味と香りを楽しむ飲み物ですので、コーヒーの味の決め手は「舌で感じる味」と「香り」です。

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーの風味の評価方法

 

コーヒーの風味の評価には、

  1. 一般的に感じる風味の分類
  2. コーヒー豆の評価の際に用いる分類

の2つがあります。

 

 

1.一般的に感じる風味の分類

 

コーヒーの風味を大きく分けると、5つあります。

 

① 香り

② 苦味

③ 甘み

④ 酸味

⑤ コク

 

私たちが飲むコーヒーは、この5つの風味が複雑に絡み合っています。

 

浅煎りのコーヒー豆なら、爽やかな香りとシロップのような甘み、柑橘系を思わせるような酸味が特徴的な、キレのある風味が多いです。

 

一方、深煎りのコーヒーなら、深煎りの際に出てくるどっしりとした香りと、苦味の中に甘みを感じながら、味に奥行きを感じるコクがあり、最後に口の中に甘さがほのかに残る、といった、飲みごたえのあるコーヒーが多いです。

 

中煎りなら、爽やかな香りや酸味は残しつつも、苦味もほど良く、甘みも感じられ、なおかつ味に奥行きを感じさせるコクがあり、バランスの取れた1杯となります。

 

同じコーヒー豆でも、浅煎りと深煎りでは、全く違った風味のカップとなります。

 

もはや、同じコーヒーと言っていいか疑問に思うほどです。

 

スポンサーリンク

 

 

2.コーヒー豆の評価の際に用いる分類

 

各国のスペシャリティコーヒー協会(日本だとSCAJ)や生産国の品評会(COEプログラムなど)では、共通の「カッピングフォーム」を用いて、その豆の風味を評価し、ランク付けを行っています。

 

f:id:indo-coffeeholic:20190830223812j:plain

COEプログラムのカッピングフォーム

 

ちなみに、このフォームの左の3つ「ロースト」「アロマ」「デフェクト」は、得点にはつながりません。

 

それでは、豆の風味を採点するための8つの評価指標を紹介します。

 

① クリーンカップ(雑味のなさ)

雑味は、渋みというと分かりやすいです。渋柿を食べたときの舌に残る苦味のようないやな味です。

なければ得点は高くなります。

 

② スイート(甘み)

コーヒー豆は、果物であるコーヒーチェリーの種ですので、果物の甘みがどれだけ豆に残っているか、ということです。

コーヒーチェリーが完熟ならいい甘みがあり、熟していない場合、甘みは不十分になります。

 

③ アシディティ(酸味)

酸味は、柑橘系のような爽やかなもので、決してお酢のような酸っぱみではありません。

また、酸味が強ければいいというものではなく、コーヒーの味を引き立たせる酸味、が重要です。

 

④ マウスフィール(口当たり)

口の中にエキスを含んだ時に感じる味の広がり方や、味の濃度や密度などです。

満足できるくらいエキスが濃い場合だったり、丸みを帯びた味わいのときは高得点、味が薄かったり、ざらざらした味わいのときには得点が下がります。

 

⑤ フレーバー(香り)

フレーバーは、「鼻孔に抜ける香り」であり、それがどんな香りがするか、ということです。

コーヒーエキスを引き立たせてくれる香りは高評価、バランスを崩すような香りは低評価となります。

フローラル、ナッツ、ベリー、スモーキー、スパイシーなどという表現があります。

 

⑥ アフターテイスト(後味)

飲み終えた後に感じる余韻です。

そのコーヒーの風味がよりよくなる場合は高評価につながります。

 

⑦ バランス

上記の①~⑥の味のバランスです。何かの要素があまりにも強すぎたり、弱すぎたりしていないかどうかです。

 

⑧ オーバーオール(全体的な好み)

これは、完全にその人の主観です。

酸味が強いものが好き、とか、甘ーいのが好き、とか、バランスがいいのが好き、とか、人の好みは様々ですから。

評価ポイントでいったら、応援ポイントみたいなものです。

 

以上の8項目の評価得点の合計で、そのコーヒーの評価点を決定します。

 

苦味という評価はないです。

 

それは、豆自体には苦味はなく、焙煎によって生まれる味なので、豆の評価の際には使われないみたいです。

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーの味にはどんな種類があるの?

 

以上をまとめると、コーヒーの味には、舌で感じる味と香りがあります。

 

より細かく分けると、5つの風味があります。

  1. 香り
  2. 苦味
  3. 甘み
  4. 酸味
  5. コク

 

これ以外にも、品評会などでの評価方法として、さらに細分化された8つの風味があります。

  1. クリーンカップ(雑味のなさ)
  2. スイート(甘み)
  3. アシディティ(酸味)
  4. マウスフィール(口当たり)
  5. フレーバー(鼻腔に抜ける香り)
  6. アフターテイスト(後味)
  7. バランス
  8. オーバーオール(全体的な好み)

 

 

今度コーヒーを飲むときには、これらの風味はどんな感じかなー?ということを探してみると、もっとコーヒーが楽しくなりますよ。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。