Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

朝のコーヒーを職場でハンドドリップし始めました

 

f:id:indo-coffeeholic:20191031232110j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今週から、自分の職場でコーヒーをハンドドリップで淹れ始めたので、始めた経緯や始めて変わったこと、気づいたことなどを伝えたいと思います。

 

よろしければご覧ください。

 

 

 

 

 

職場でコーヒーを淹れ始めようと思ったきっかけ

 

きっかけは、「ほとんど知り合いのいない部署に配属になったということ」と「朝の時間を持て余していた」からです。

 

知りあいのいない部署に配属になって、なんでコーヒーを淹れ始めたの?

 

理由は「話すネタの提供」です。

 

何はともあれ、皆さんと話さないと打ち解けられないので、その壁を打破するために「コーヒー」で話すネタを提供しよう、と思いました。

 

自己紹介では「趣味はコーヒー」と言いまくり、言葉だけでなく行動も必要かなーと思って、コーヒーをハンドドリップで淹れて、職場で飲み始めました。

 

ハンドドリップって、「趣味してる」感が全面に出ると思いませんか?

そういう想いで始めました。 

 

朝の時間を持て余していたとは?

 

一言でいうと、朝早く起きてしまう、というだけです。まだ20代ですが、朝起きてしまうんですよね。

 

そういうわけで、早起きのIndoは、朝に時間を持て余します。

だから、コーヒーを淹れよう、と思いました。 

 

 

コーヒーを淹れ始めたことで変わったこと

 

まだ一週間ちょいですが、変わったことがありました。

 

まず、話したことのない(名前も覚えていない)人から、話をしてもらえるようになりました。

 

「コーヒー、本当に好きなんですね〜」

「味分かりますか?」

「コーヒーの匂い大好きなんですよ」

「簡単においしく淹れる方法って知っていますか?」

 

などなど、お話をすることができます。

 

そしてそのたびに、

「名前なんて言うんですか?」

「あなたは何をされてますか?」

 

ということを繰り返し、少しずつ同僚の方とコミュニケーションを取りつつ、名前と職務内容を覚えるということをしています。笑

 

何かといい方向に向いています。

 

これからも職場でコーヒーを淹れ続けます!

 

 

 

職場でコーヒーを淹れ始めたら、様々なことに気づいた

 

気づいたことは二つあります。

 

ひとつは、コーヒーをハンドドリップしていることが実は少数派なんだ、ということです。

 

朝、お話しする人に「淹れてみるのはどうですか?」と振るんですが、「コーヒーを飲むけど、ハンドドリップするまでは・・・」という人が1週間で3人もいました。

 

ハンドドリップでコーヒーを飲むことが当たり前になっていましたが、いつの間にか狭い世界にいたのか、と気づかされました。

楽しいからいいですけど。

 

もうひとつは、「香りが好き」という人が多いということです。

 

コーヒーの香りは幸せの香りだとIndoは思っていますし、趣味がコーヒーの人は、香りを楽しむ人だと「趣味がコーヒー」とは何を楽しんでいる人なのか に書いています。

 

 

これからも職場でコーヒーをハンドドリップしていきます

 

職場でコーヒーを淹れるのは、いろいろな気づきや会話ができる可能性があることに気づき、「たのしいなー」と思いました。

 

行動してみると、いろいろ分かって有意義ですね。

 

皆さんも、職場で淹れてみることをお勧めします。

今までの職場と違った景色が見えてくるかもしれません。

 

手軽なところから、エアロプレスでもいいですし、フレンチプレスでもいいと思います。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。