Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

「趣味がコーヒー」と言うには何を準備したらよいのか

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

f:id:indo-coffeeholic:20190808040115j:plain

 

今回は、「コーヒーが趣味です!」と言うには、何を用意したらよいのか、ということを解説していきます。

 

そして、「コーヒーを飲むのが好き!」という人や、

「趣味にしたいと思っているけど、何を準備したらいいのかなー?」と思っている人が、

「趣味はコーヒーです」と堂々と言うための後押しができたら幸いです。

 

 

 

 

どうしたらコーヒーが趣味と言えるの?

 

Indoは、「コーヒーが趣味」と言えるのは、

「香りを楽しむ」

ことができている人だと思っています。

 

豆を挽く過程や抽出過程の「香り」を楽しむことで、コーヒーの楽しみが何倍にも増します。

 

豆を挽いたときの香り(フレグランス)、

抽出中に立ち上る香り(アロマ)、

飲んだ時に鼻孔に広がる香り(フレーバー)

 

この3つを楽しんでこそ、コーヒーを「趣味」と言えると、Indoは考えます。

 

スポンサーリンク

 

 

香りを楽しむために必要なコーヒー器具など

 

趣味としてのコーヒーは、香りを楽しむことです。

これらの「香り」を楽しむためには、

  1. ミル
  2. 抽出器具
  3. 新鮮な豆

が必要です。

 

1.ミル

 

ミルは、豆を挽いたときの香り(フレグランス)を楽しむために必要です。

 

ミルには、豆を挽く動力の違いで、「手動・自動」があり、豆の挽き方の違いで

「プロペラ式・臼歯式」があります。

Indoは、家庭でコーヒーを楽しむために、

「自動」の「臼歯式」

をおすすめします。

ちなみに、Indoがおすすめするのは、これ。

 

カリタ コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン #61101

カリタ コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン #61101

 

 

 

自動で挽くと、挽いたときの香り(フレグランス)をすぐに楽しむことができ、香りを楽しむ余裕があります。

手動でもフレグランスは楽しむことはできますが、めちゃめちゃ疲れます。

香りを楽しむどころじゃなくなる時があります。笑

 

臼歯式が良いのは、粉の粒子を均一に挽きやすいうえに、粒子のサイズを調節しやすいからです。

コーヒー粉の粒子サイズは、抽出した時のカップの風味に大きな影響を与えます。

均一な粒子だと、雑味がほんとに少なく、クリアな味になります。

 

 

2.抽出器具

抽出は、

「ネルドリップ」

「ペーパードリップ」

「サイフォン」

「フレンチプレス」

「マキネッタ」

「エスプレッソ」

「エアロプレス」

などなど、本当にたくさんの抽出方法があります。

 

どの抽出方法を選んでも、淹れたときに立ち上る香りを楽しむことができますが、

Indoは、趣味として始める人は、

「ペーパードリップ」

をお勧めします。

 

理由は、以下の3つです。

 ① 安価で準備しやすい

 ② 技術を磨けば、いい風味のコーヒーを抽出できる

 ③  コーヒーかすの処理が楽

 

①については、こちらのドリッパーが数百円から販売しています。

 

②のペーパードリップのコツは、こちらに書いてあります。

基礎は書きましたが、ペーパードリップは、奥が深いです。

www.indo-coffeeholic.com

 

③は、紙のフィルターですので、抽出後はそのまま捨てるだけでオッケー、ということです。

 

 

3.新鮮な豆

 

焙煎して3週間以内の豆を使用しましょう。

そうしないと、豆から香り成分が抜けてしまい、十分に香りを楽しめません。

 

実際、古い豆では、挽いたときの香りや抽出時の香りがほとんどしないです。

インスタントもだめです。

 

この豆の香りが、「癒しと集中力を高める」という研究結果もあります。 

香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」。 | 全日本コーヒー協会

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーが趣味と言うには何を準備したらよいのか まとめ

 

以上をまとめると、コーヒーが趣味と言えるのは、

香りを楽しんでいるかどうか

です。 

 

コーヒーの香りを自分の家で楽しむために、

「ミル」

「抽出器具」

「新鮮な豆」

を準備しましょう。

 

これであなたも「趣味はコーヒー」だと言えるでしょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

素敵なコーヒーライフを。