Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

コーヒーが趣味になるまで ~コーヒーがおいしい飲み物に変わった瞬間~

 

f:id:indo-coffeeholic:20191018212854j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今回は、Indoがどういった経緯でコーヒーが趣味になったかを、経験談を踏まえて語ろうと思います。

3部構成となっています。

 

第1部

コーヒーが趣味になるまで ~コーヒーがおいしい飲み物に変わった瞬間~

 

第2部

コーヒーが趣味になるまで ~あの時のコーヒーの味を求めて~

 

第3部

コーヒーが趣味になるまで ~マスターとの出会い~

 

最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーが嫌いだった学生時代

 

記憶にある限り初めてコーヒーを飲んだのは、中学2年生の秋の部活帰りです。

近くの自販機で買った缶コーヒーでした。

 

これが、コーヒー嫌いを決定づける出来事でした。

 

この時は反抗期ということもあって、子ども扱いする親にイライラしつつ、反抗できない自分にいら立っていました。

 

大人、と認めてくれたら少しは親の対応も変わるかも?という願いと、「コーヒーは夜に飲むと眠れなくなるからダメ」と親が言っていたことを思い出し、その時できる精いっぱいの反抗という二つの理由から、「GEORGEA エメラルドマウンテン BLACK」を飲みました。

 

f:id:indo-coffeeholic:20191018211013j:plain

 

感想は、「まずっ!コーヒーって苦い水じゃん。」

という状態でした。

※ブルマンBLACKがまずいわけではなく、その時のIndoがまずいと感じただけです。

 

しかも、いつも通りの時間に寝ようと思っても、目がさえて全然寝れません。

 

「何だよコーヒーって!苦いしまずいし寝れねーし!!」と、逆ギレしていたことを今でも鮮明に覚えています。

 

この時から、コーヒー嫌いが始まりました。

 

 

コーヒーがおいしい飲み物に変わった瞬間

 

中学校の苦い経験もあり、高校・大学と、ほとんどコーヒーは飲まず、夜は熟睡、徹夜するときも麦茶とココアで、カフェイン摂取なしで耐えしのぐ生活が続きました。

 

大学のアパートの斜め向かいに、有名な珈琲豆屋さんがあったにもかかわらず、コーヒーなんてものには目もくれず、汗と泥まみれの学生時代を過ごしていました。

 

そんなIndoですが、社会人になって上京したある日、友人から「コーヒーをこだわっているカフェに行こう」と誘われました。

 

「コーヒーはそんな好きでもないけど、まー友達と会えるし、いいね!」と思い、コーヒー屋巡りに清澄白河に行きました。

 

サードウェーブで有名な BLUE BOTTLE COFFEE に行く予定でしたが、けっこうな雨と混雑で並ぶことをためらい、近くの違うコーヒーショップにしようか、ということになりました。

 

そのときたまたま立ち寄ったお店が、ARiSE COFFEE ROASTERS というコーヒースタンドでした。

そこで、本日のコーヒーを飲みました。

 

一口飲んだ瞬間、

「なにこれ、うまーい!」

「苦くない!酸味がある!!香りがいい!!!」

 

このコーヒーならおいしいと思うし、飲める!

 

これが、コーヒーがおいしい飲み物に変わった瞬間です。

 

その時からIndoは、アライズコーヒーで飲んだコーヒーの味を追い求めることになります。

 

スポンサーリンク

 

 

第2部へつづく

 

第2部

コーヒーが趣味になるまで ~あの時のコーヒーの味を求めて~