Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

コーヒー豆の量とお湯の量の関係を解説します

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

1人前だけでなく、4人分を一気に淹れたい!

いつも120mlしか淹れないけど、大きめのマグカップにちょうどいい量のコーヒーが飲みたい!

 

でも、風味がいつもばらつく…ということがあると思います。

 

実際、Indoも多人数を抽出するときには苦労しています。

 

そこで、いろいろと実験して何となくわかってきた、「コーヒー豆の量とお湯の量の関係」を紹介しようと思います。

 

読んでいただければ幸いです。

 

 

 

 

コーヒー豆の量とお湯の量の関係はこんなイメージ

 

Indoの経験則から、ざっくりのイメージを教えます。

中煎りのロクメイブレンドという豆 の場合を基本的に話しています。

 

  • 1人前(120ml)では、豆の量が13g
  • マグカップ(180ml)では、豆の量が20g
  • 2人前(240ml)では、豆の量が24g

 

それ以上は1人前が120mlと定義すると、

  • 3人前なら360mlで豆の量34g
  • 4人前なら480mlで豆の量44g

と、お湯の量+120ml、豆の量+10gでいけます。

 

グラフで表すとこんなイメージです。

f:id:indo-coffeeholic:20191109110637j:plain

 

 

 豆の量とお湯の量が分かっても1人前と同じ風味で淹れられるわけではない

 

豆の量とお湯の量が決まっても、1人前のときと同じ風味で淹れられるわけではありません。

 

理由は2つあります。

ひとつは、お湯の注ぐスピードがお湯の量に合っていないこと

もう一つは、お湯の温度が豆と合っていないこと

 

本当に、ハンドドリップでのコーヒー抽出は難しいです。

やればやるほど、お店で淹れている方はすごいと感動します。

 

 

お湯の注ぐスピードがお湯の量に合っていない

 

これは、お湯の注ぐとき1人前と同じスピードで行ってしまうため、トータルの抽出時間が3分を超えてしまうためです。

 

経験上、3分を超えてしまうと、「雑味」が多く出ます。

そうならないように、抽出量に応じたお湯の注ぎ方が必要です。

 

 4人前なら、お湯をどぼどぼ注いでください。

 

 

お湯の温度が豆と合っていない

 

これは、使用する豆とお湯の温度があっていないために、あまりおいしいと思えないコーヒーになってしまう、というものです。

 

90℃の抽出温度で深煎りの豆を使用してしまったら、正直、苦味が強調されてしまい、ごく限られた人しかおいしいと感じられないコーヒーになってしまいます。

 

 コーヒーのお湯の温度と風味の関係に関しては、お湯の温度でコーヒーの風味はどう変わるか に詳しく書いています。

 

 

 

 

 

コーヒー豆の量とお湯の温度の関係を知って、おいしいコーヒーを淹れられるようになろう

 

こちらのコーヒー豆とお湯の量の関係は、ほんの一例にすぎません。

 

中煎りの豆に限って適応される関係なので、他の豆でしっくりこないこともあるかと思います。

 

浅煎りや深煎りでは、自分の好みに応じて、豆の量が変わってきます。

 

事実、Indoは深煎りの豆では1人前120mlを、13gではなく15gの豆の量で淹れると、自分好みのコーヒーになります。 

 

自分の好みに合わせて、パラメータを調節してコーヒーを抽出するのは、奥が深くて楽しいですよー

コーヒー舌も鍛えられますし。

 

みなさんもぜひ楽しんでみてください。

 

 

 

 素敵なコーヒーライフを。