Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

ドリップ式コーヒーメーカーで淹れるコーヒーをもっとおいしくするための3つのコツ


f:id:indo-coffeeholic:20200330082828j:image

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

普段、おうちでコーヒーメーカーを使用してコーヒーを楽しんでいる人は多いと思います。

 

Indoも、コーヒーを家で飲み始めたときは「ドリップ式コーヒーメーカー」から始まり、今に至ります。

 

当時は、なんでだろう?と思っていた、ことが、今は少し見えてきました。

 

そこで、コーヒーメーカーで淹れるコーヒーを何倍もおいしくするためのコツを共有します。

 

最後まで読んでいただければ幸いです。

 

 

 

 

コーヒーメーカーで淹れるコーヒーをもっとおいしくするための3つのコツ

 

 早速、3つのコツをお教えします!

※ドリップ式のコーヒーメーカー限定の方法です。カプセル式、エスプレッソでは当てはまらない部分も一部あります。

 

  1. コーヒー豆を淹れる直前に挽く
  2. コーヒー豆の量を量る
  3. 浅煎りの豆を使用する

 

この3つをやることで、格段においしいコーヒーが飲めるようになります。

 

他にも注意するポイントはいくつかありますが、まずはこの3点を押さえておきましょう。

 

以下、詳しく説明します。

 

 

 

1.コーヒー豆を淹れる直前に挽く

f:id:indo-coffeeholic:20200329232421j:plain

 

コーヒー豆の賞味期限をご存じですか?

 

自家焙煎のお店を営むプロの方に聞いた話ですが、「常温で、豆で3週間〜1ヶ月、粉で2時間、エキスで20分」です。

 

これを過ぎてしまうと、「酸化」が進み、風味がガタ落ちします。

 

豆の状態で保存することで、長い間、品質が高い状態を保つことができます。

 

そして、使用する直前にコーヒーミルで挽くことで、最高の状態のコーヒー粉を用意できます。

 

実際にやってみると分かりますが、驚くほどコーヒーの風味が変わります。

 

今は、ミル付きの全自動コーヒーメーカーもありますが、すでにコーヒーサーバーがあるという方や、ミル付きのコーヒーメーカーは高い・・・という方は、ミルを購入することを強くおすすめします。

 

「いつかハンドドリップしてみたいなー」という人にとっては必需品なので、買っておきましょう。

 

じゃあ、どんなミルがいいの?という話ですが、Indoは、「Kalita ナイスカットミルG」にたどり着きました。

 

詳しい話は、「Indoが ”カリタ ナイスカットミルG” を愛用している理由 」を読んでみてください。

 

 

 

 

2.コーヒー豆の量を量る

f:id:indo-coffeeholic:20200329234955p:plain

 

コーヒーメーカーでは水の量は目盛り、コーヒー豆の量は付属品のスプーンですりきり、という場合が多いです。

 

水の量は目盛りに合わせて入れれば一定に保つことができます。

 

しかし、コーヒー豆の量は、すりきりだとぶれます。

実は、焙煎度合いが違うと、同じ重さでも見た目の容積は変化します。

 

f:id:indo-coffeeholic:20200329223927j:plain

引用:秘蔵!コーヒー豆知識・スプーン1杯何グラム?

 

 そのため、いつもすりきり1杯でコーヒーメーカーにセットしていると、「いつもより薄い…」ということが起こります。

 

しかし、抽出前にコーヒー豆の量を量ることで豆の量を安定させることができ、風味のムラが起こりにくくなります。

 

「コーヒー豆の量と抽出量の関係って、いまいちよく分からない。。。」 という方は、「コーヒー豆の量とお湯の量の関係を解説します」を読んでみてください。

 

 

 

3.浅煎りの豆を使用する f:id:indo-coffeeholic:20200330000513j:plain

 

コーヒーメーカーの抽出時のお湯の温度を測ったことはありますか?

Indoは、測りました。

そのときの温度は90℃でした。

 

また、他のコーヒーメーカーやコーヒー抽出の推奨値も、90℃が多いです。

 

しかし、90℃が最適な抽出温度となるのは、焙煎度合いが浅煎り(ミディアムローストやハイロースト)の場合に限られます。(経験則)

 

実際、コーヒーメーカーで抽出していた時も、

「深煎りのマンデリンよりも浅煎りのエチオピアのほうが、お店で飲んだ風味に近くておいしいなー」

と感じていましたが、焙煎度合いの違いだったのか!ということを、今なら説明ができます。

 

そういうわけで、温度調節ができない、一般的なコーヒーメーカーで抽出するなら浅煎りがおすすめです。

 

 

 

 3つのコツを意識するとコーヒーメーカーでのコーヒーがもっとおいしくなる

 

3つのコツをおさらいします。

一般的なドリップタイプのコーヒーメーカーを使用する場合、これらのコツがあります。

 

  1. コーヒー豆を淹れる直前に挽く
  2. コーヒー豆の量を量る
  3. 浅煎りの豆を使用する

 

コーヒーメーカーを使用する皆さんは、毎日コーヒーを飲む人が多いと思います。

 

この3つのコツを意識するだけで、毎日のコーヒーがもっとおいしく、素敵な時間に変わります。

 

この記事を参考に、まずはマネできるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。