Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

Indoが ”カリタ ナイスカットミルG” を愛用している理由

 

f:id:indo-coffeeholic:20191123110705p:plain

※画像はイメージです


どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

コーヒー豆を自宅で挽くことは、コーヒーの香りや風味を何倍も楽しむことができるため、家でコーヒーを飲む人には必須のアイテムです。

 

しかし、自宅で豆を挽くには「コーヒーミル」が必要です。

コーヒーミルには、動力の違いで「手動」と「電動」があります。

 

Indoは電動ミルのカリタ コーヒーミル ナイスカットG を使用していますが、このミルの紹介と、今のミルにたどり着いた経緯を体験談とともに紹介します。

 

宣伝臭くなっていますが、だまされたと思って読んでみてください。

 

 

 

 

コーヒーミル ”カリタ ナイスカットミルG”の説明と愛用している理由

 

カリタ コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン #61101

新品価格
¥39,800から

カリタ コーヒーミル ナイスカットG は、Karita(カリタ)から販売されている家庭用の電動ミルです。 

このミルは、金額は安くはありませんが、とにかく高機能なんです。

 

一度に挽ける容量は小さいものの、業務用の電動ミル Kalita パワーカットミル と、挽きの刃物の機構が同じです。(パワーカットミルは50万円以上します…!)

 

ミルで選ぶべきポイントとして、

  1. 均一に挽けること 
  2. 微粉が発生しにくいこと
  3. 挽いているときに熱が発生しにくいこと

 この3つがあります。

 

カリタ コーヒーミル ナイスカットG は、この3つの性能に優れています。

 

均一に挽けるというポイントは、ダイヤルを回せば引きの粗さを決められ、メッシュもほぼそろいます。

さらに微粉の発生も少なく、短時間で挽き終わるため熱が発生しにくいです。

 

 Indoはこの機能面に惚れています。

 

 

 

”カリタ ナイスカットミルG” は手動ミルよりもラクちん

 

当たり前かもしれませんが、豆を挽くのが楽ちんなんです。

 

手動だと、15gの豆を挽くのに5分くらいかかります。

腕がパンパンになります。

 

カリタ コーヒーミル ナイスカットG だと、20秒くらいで挽けます。

 

「手で挽いているときの香りを楽しめる!」と言うこともありますが、正直、楽しむ余裕なんてないくらい大変だと、Indoは感じていました。

そのせいで、あまりコーヒーを家で飲まなくなっていました。

 

その点、 カリタ コーヒーミル ナイスカットG なら、スイッチ一つで挽いてくれるので、香りを楽しむ余裕が生まれます。

 

Indoは、ラクして香りを楽しみたかったので、この選択がベストでした。 

 

 

 

Indoが カリタ コーヒーミル ナイスカットG を使用するまで

 

Indoは、以下の流れで カリタ コーヒーミル ナイスカットG に出会いました。

 

0.購入後すぐにお店で挽いてもらうスタイル

 ↓

1.手挽きミル HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル キャニスター付き CMHN-4 を買う。

 ↓

2.電動ミル Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45 を買う。

 ↓

3.コーヒー教室で カリタ コーヒーミル ナイスカットG を紹介してもらう。 

 

はじめにコーヒーメーカーで、珈琲屋の豆を粉にしてもらったものを淹れて飲んでいました。

しかし、同じ豆を使っているのに喫茶店のような風味にならないので、喫茶店に近づこうと思い、ハンドドリップセットを一式購入しました。

 

その時に、手動ミルも買いました。 

 

最初は楽しいと思って使用していましたが、段々挽くことがしんどくなってきて、コーヒー自体をあまり飲まなくなりました。

 

「せっかく一式そろえたのになー」ということで、次に電動ミルの Kalita イージーカットミル コーヒーミル EG-45 を購入しました。

 

ただこのミルの弱点として、挽きの粗さを揃えるのが難しい上に、ダイヤルもないので、挽きの粗さが分かっていない初心者さんにはあまりお勧めできません。

 そのため、このミルは、粗さが分かるようになってきたら使用するのがいいと思います。

 

Indoは、粗さが分かってきたので、外出時に使用しています。

 

そんなこんなで、もっとおいしいコーヒーを淹れられるようになりたい、と思って、コーヒー教室に通い始めます。

 

そこのマスターに、「手ごろな値段で電動ミルを使うならこれ!」とおすすめされたのが、 カリタ コーヒーミル ナイスカットG です。

 

最初は疑って購入を控えていましたが、マスターの使用しているグラインダーが高級車一台分の値段ということを知り、「挽きもこだわっている人のすすめるものなら…」と、だまされたつもりで購入しました。

 

結果的にだまされてよかったと思えるくらい、Indoにとっていいものでした。

 

 

 

コーヒー豆を自宅で挽いて飲むとコーヒーの楽しみが広がる

 

 おうちでコーヒーをもっと楽しみたいと思っている人は、コーヒーミルは必須です。

 

その中で、簡単に高いレベルで挽くことができる カリタ コーヒーミル ナイスカットG がIndoのおすすめです。

 

ハンドドリップではなくコーヒーマシンしか使用していない人も、コーヒー豆を挽いてからセットすることで、今まで粉を購入して飲んでいたコーヒーの何倍も風味豊かなコーヒーを楽しむことができます。

 

さらに、挽いているときに立ち上る香りも楽しめます。 

 

ミルを使用していないコーヒー好きの皆さん、ぜひ使用してみてください。

コーヒーの楽しみが広がりますよ。 

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。