Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

コーヒーの抽出原理は何種類くらいあるの?

 

f:id:indo-coffeeholic:20200112000334j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

「コーヒーの抽出器具ってたくさんあるけど、一体どういう原理で抽出しているの?」

ということを整理しましたので、紹介します。

※現在のIndoの知識で網羅したものです。ほかにもある場合は、ぜひ教えてください。 

 

また、Indoが主に使用している抽出器具、方法についても紹介したいと思います。

 

 

 

 

コーヒーの抽出原理・抽出方法の一覧

f:id:indo-coffeeholic:20200111231700j:plain


実は、コーヒーの抽出原理は大きく分けると3種類しかありません。

  1. 浸漬法(しんせきほう、しんしほう)
  2. 透過式
  3. 折衷式(浸漬法と透過法のハイブリッド)

この3種類の原理をいろいろ工夫して、様々な抽出方法、抽出器具が開発されています。 

 

1.浸漬法

浸漬法は、コーヒーの粉をお湯に浸し、コーヒーエキスを抽出する方法です。

代表的な淹れ方は、「フレンチプレス」や「サイフォン」です。

 

フレンチプレスは、豆の品質が高いとされている「スペシャルティコーヒー」の浅~中煎りでしばしば見かけます。

 

コーヒーの粉をまるごとお湯につけるので、品質が高く雑味の少ない豆じゃないと、良いコーヒーが抽出できないからだとIndoは考えています。

 

サイフォンは、本当に香りのいいコーヒーが抽出されます。

 

植物から香水を抽出するときにもサイフォンの技術は使われるので、サイフォンコーヒーはコーヒーの香り成分を抽出しているようなものです。

 

 

2.透過式

透過式は、コーヒーの粉にお湯を通してコーヒーの成分を抽出する方法です。

こちらは、「エスプレッソ」「ネルドリップ」「ペーパードリップ」「コーヒーメーカー」など、一般的に流通している淹れ方が当てはまります。 

 

ここでは書きませんが、ペーパードリップはドリッパーの形によって、カリタ式、円錐型、松屋式、・・・と、多くの種類があります。

 

 

3.折衷式

折衷式=エアロプレスです。

 

注射器のような中にコーヒーの粉を淹れ、そこにお湯を注ぎます。

ここまではフレンチプレスと同じで浸漬法です。

 

その後、フィルターを通してコーヒーエキスを注射のようにビューっと押し出します。

その時に、粉がフィルターにたまり、そこをエキスが通るため、さながら透過式のようになります。

 

Indoが、今一番欲しい抽出器具です。

 

 

Indoが主に使用している淹れ方

 

先ほどの表にもありましたが、Indoがよく使用している淹れ方は、「ネルドリップ」「ペーパードリップ」です。

 

ネルドリップは、Indoが教わったマスターが使用しているネルドリッパーと同じ型を購入し、愛用しています。

f:id:indo-coffeeholic:20200111223402j:plain

使い込んでいて茶色くなっています。

 

ペーパードリップは、円錐型をメインに使用しています。

主にKONOの名門ドリッパー、サブ的にHARIOのV60を使用しています。

 

 

円錐型のペーパードリップの方法は、「円錐型(HARIO V60、コーノ名門)ドリッパーでおいしいコーヒーを淹れるためのコツ」 に詳しく書いています。

 

 

 

いろんな抽出方法を試してコーヒーを楽しもう

 

抽出原理は3種類しかありませんが、本当に様々な抽出器具があると改めて感じることができました。

 

コーヒーほど、抽出器具が多様な飲み物はないと思います。

しかも、どの淹れ方にも特長があり、甲乙つけられません。

 

そのため、「この淹れ方が一番いい」といった狭い価値観ではなく、「この淹れ方もいいねー」といった寛容な気持ちでコーヒーを楽しむことが重要だと思います。

 

ただ、多様な淹れ方があるせいで、コーヒーを知らない人はハードルが高くて難しい、と感じてしまうのかもしれません。

 

多様性がいいと考えるか難しいと考えるか。。。

Indoは常に選択肢が多いことがいい、と思えるような心でありたいです。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。