Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

ドリップコーヒーで抽出するときに大事な3つの条件

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今回は、ドリップコーヒーで抽出するときに大事な3つの条件です。

 

  

 

スポンサーリンク

 

 

ドリップコーヒーとは

 

ドリップコーヒーは、「湯の滴下によって抽出したコーヒー」になります。 

ドリップの言葉の意味は、「しずくをたらす、滴下」です。

         f:id:indo-coffeeholic:20190709223422j:plain    

 

現在は、お店や家ではドリップコーヒーの中でもペーパードリップが主流です。

 

HARIOやコーノといったブランドの「円錐型のドリッパー」、カリタやメリタに代表される「扇型ドリッパー」、そして針金に紙を置き抽出する「松屋式」などが、ペーパードリップです。

 

 

ドリップコーヒーの抽出で抽出するときに大事な条件はなに?

 

ドリップコーヒーで抽出するときに大事な条件は、以下の3点です。

 

  1. 新鮮な豆を使う
  2. お湯の温度
  3. 抽出時間

 

1,2については、ドリップ以外の抽出方法すべてにおいて重要です。 

 

 

1.新鮮な豆を使う

 

おいしいコーヒーを淹れるためには、豆の鮮度が重要です。

 

豆の鮮度を保つために、保存は「密閉容器で豆のまま」行いましょう。

こんな感じです。

 

f:id:indo-coffeeholic:20190709234748j:plain

 

コーヒー豆は空気中の水によって酸化します。

見た目は変わりませんが、酸化して味が変化します。

そのため、湿気の入らない容器で保存しましょう。

 

 

豆のままの保存が良い理由ですが、豆のままが一番賞味期限が長いです。

 

コーヒー豆がいい状態と呼べるのは「豆のままで3週間」、「粉で2時間」、「コーヒーのエキスで20分」と言われています。

 

それ以上たつと、豆の持つ酸味とは異なる、酸化による「酸っぱみ」が出てきて、豆の良さが失われてしまいます。

 

 

 

まとめると、こういうことです。

  1. コーヒー豆を密閉容器に保管する。
  2. 豆のままで3週間以内に使い切る!

 

 

2.お湯の温度

 

お湯の温度はとても重要です。

お湯の温度が抽出したコーヒーの風味の基礎を決めます。

1℃でも変わると、風味が変化します。

 

どう変化するかについては、 お湯の温度でコーヒーの風味はどう変わるか に詳しく書いています。

 

コーヒーを抽出するときに最適なお湯の温度ですが、正解は「抽出できるなら何℃でも正解」です。

 

それだとさすがに不親切なので、Indoは「とりあえず85℃」を提唱しています。

 

「なぜ、とりあえず85℃なのか?」を詳しく知りたい方は、 コーヒーをドリップ抽出するときに最適なお湯の温度 をご覧ください。

 

 

3.抽出時間

 

抽出時間ですが、「蒸らしも含めて3分以内」を心掛けましょう。

 

3分以降は、雑味がよく出ます。

具体的な理由まではわかりませんが、雑味成分のお湯に溶けるスピードの関係だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 3つの条件を頭に叩き込み、実践しよう

 

 ドリップコーヒーで抽出するときに大事な3つの条件は、

  1. 新鮮な豆を使う
  2. お湯の温度
  3. 抽出時間

です。

 

この3つが決まれば、いいコーヒーを抽出する基礎が決まります。

 

あとはドリップのコツをマスターすることです。

 

詳しくは、円錐型(HARIO V60、コーノ名門)ドリッパーでおいしいコーヒーを淹れるためのコツ をお読みください。

 

条件が分かり、コツが分かったら、あとは繰り返し練習しましょう。

Indoも日々精進しています。

 

 「くりかえし くりかえす」

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。