Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

「大坊珈琲店のマニュアル」を読んで

f:id:indo-coffeeholic:20190803000403j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今回は、惜しまれながら閉店した伝説の珈琲屋「大坊珈琲店」のマスターだった大坊さんの書かれた書籍である、「大坊珈琲店のマニュアル」を読んだので、その感想、自分の考えなどを書いていきます。

「大坊珈琲店」についてより詳しく知りたい人は、こちらをどうぞ。

『大坊珈琲店』特設サイト|誠文堂新光社

 

 

こちらの本を読むと、珈琲店のマスターはここまで考えているのか、ということがよくわかりますし、その考えの一部が自分と共感することもありました。

自分はサラリーマンで、お店なんてやってないですけど。

 

大坊珈琲店のマニュアル

大坊珈琲店のマニュアル

 

 

このブログは、かなり哲学的な内容を含みますが、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

内容の要約

この本は、チャプターが 一~十一まで分かれています。

それぞれ、以下のようになっています

 一~七  タイトルなし(珈琲屋になるまで、営業時の心がけ、焙煎・抽出など)

 八    キムホノ陶

 九    私と平野透

 十    塩﨑貞夫の鎮魂

 十一   タイトルなし(あとがき)

 

大坊さんは、岩手県盛岡市出身です。

もともと、記者になるために高校卒業後、上京しました。

その後転職をし、転職先の上司の方の影響で、珈琲店をやることになります。

 

大坊さんの淹れる珈琲は、「深煎りブレンド」の「ネルドリップ」です。

「コクテール堂」「自家焙煎もか」などに感銘を受けました。

 

焙煎は手廻しの自家焙煎機を使っています。(めちゃくちゃコツがいる)

ブレンド豆は、4種類使用しています。

 

彼は、「甘みのある珈琲」を追求しています。

そのために、4種類の豆をそれぞれの狙いの味になるように焙煎し、理想の1杯を作ります。

 

この本では、「酸味が0になる焙煎濃度を7」と定義しています。

その焙煎濃度は、自分の舌で確かめます。

そして、豆ごとにブレンド後の珈琲が最大限の甘みを引き出すように、焙煎のポイントを7.10や6.80などと調整し、1対1でブレンドし、「大坊珈琲店のブレンド」が出来上がります。

 

豆の特徴を最大限活かした「エチオピアらしいコーヒー」などといったコーヒーではなく、

「大坊珈琲店の味」を追求した珈琲を提供しています。

 

キムホノ陶、平野透、塩﨑貞夫は、それぞれ大坊さんが感銘を受けた陶芸家、画家になります。

彼らの作品が、大坊珈琲店の雰囲気や哲学を表現しており、大坊さんの考え方にも影響を与えています。

 

スポンサーリンク

 

 

感想など

 本の中で、いくつか、「なるほど」「自分の考え方と近いものがある」と感じた点を共有します。

 

その①

誰も特別な人など一人もいないんだと思われるほうが、いいのではないか

「大坊珈琲店のマニュアル」P107

 

Indoはいろいろな喫茶店、珈琲屋に行きます。

その時に、常連さんが店員さんと仲良く話している場面があります。

とてもアットホームでいいですし、Indoも常連になりたいな、と思うこともあります。

また、そういった常連さんがお店を支えているという事実もあります。 

常連さんは、特別です。

 

ただ、そういうお店は、なぜか居心地がよくない、と感じることがあるんですね。

お店とお客様の関係には、区別をつけてほしい、と思ってしまいます。

 

それは、隙を見せる、ような感じだと思います。

隙は傷口のようなもので、一度おもてに出ると、そこから一気に状況を良くないほうへ変えてしまう、とIndoは思います。

ビジネスでも同じだなーと思っています。

 

その隙を見せないお店(関係を徹底しているお店)は、格も評判も高いと思いますし、Indoはそういうお店のほうが信頼できます。

 

その②

こちらは、画家の平野透の妻清子と、大坊さんが対話している際の、清子さんの言葉の引用です。

例えばこのお茶碗がいいと思った時に、誰の作品でいつのものとかじゃなくて、これそのものがいいでしょう。人間も同じだと思うんです。

「大坊珈琲店のマニュアル」P200

 

これは、自分が社会に出たときからずっと心掛けていることです。

その人の肩書ではなく「人となり」を見てほしいし、自分もそこを見るように心がけています。

 

結局、仕事でも趣味でも交際でも、付き合うのは「生のままの人」なので、その人がどれだけ素敵な人か、が最も重要です。

 

ただ、世の中には、そういった肩書で判断する文化がとても多いです。

Indoが新人として今の職場についたとき、初めに聞かれたのが、出身大学でした。

自分としては、それを聞いて何を判断するのかさっぱり分からなかったので、正直嫌でした。

 

次に年齢を聞かれました。

これも、年齢を聞いて、何を判断するのだろうか?と思い、ちょっと嫌な気分になりました。

 

相手を知りたいときには、そんな質問じゃなくて、

「最近読んだ本や漫画や見た映画やアニメは何ですか?」とか

「今何にハマっていますか?」とかのほうが絶対にいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

いろいろ書き綴りましたが、一流になる珈琲屋の店主は、本当に細部までこだわって、信念をもってお店をやっているのだ、ということを痛感させられる1冊です。

 哲学書のような奥深さを感じます。

 

これから喫茶店をやろうと考えている人は、こういう考え方だと、日本で有数の珈琲店になれるよ、ということですね。 

なりたいかどうかは別にして。 

 

 

 

他にも素敵な本がたくさんありますので、コーヒーを飲みながら読んで、優雅な時間を過ごします。

また、本も少しずつ紹介していきたいと思います。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。