Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

コーヒーに適量はあるのか?

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

f:id:indo-coffeeholic:20190727112953j:plain

 

今回は、以下の記事を見て、コーヒーの適量に関して「意見が違う」と思ったので

Indoの見解を記事にします。

 

diamond.jp

 

こちらでは、世界三大嗜好品のうち、お酒とコーヒーを取り上げて記事にしています。

こちらの記事の結論として、適量は、

「お酒の適量=飲まない」

「コーヒーの適量=1杯」ということです。

 

Indoは、「コーヒーに適量はない!何杯でもOKだ」という立場です。

その理由も含めて書いていきます。

 

 

 

 

世界三大嗜好品とは?

まず、お酒とコーヒーを比較していましたが、これは、世界三大嗜好品を比較したものです。

世界三大嗜好品とは、「お酒」「タバコ」「コーヒー」です。

 

そもそも嗜好品は、落ち着くためにたしなむものであって、健康のために飲んだり吸ったりするものではないというのがIndoの持論です。

つまり、適量なんてものはそもそも存在しません。本人が満足したらそれが適量です。 

 

ストレス社会で、「あーもう無理!」と思うこともありますし、

一仕事終えて、「終わったー!!ヒャッフー!!!」と開放感を味わいたいときもあります。

その時にお酒などの嗜好品を、「飲みすぎだよ~」などと周りから言われたら、Indoは、いい気分で楽しめません。

言ってくれる人は、健康のことを気遣ってくれるいい人ですけど。

 

そういったことを全く考えずに、楽しみたいと思うのは通常の感覚だと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

コーヒーは、量を気にせず楽しめる最強の嗜好品だ

コーヒーは、健康のことを周りからとやかく言われずに楽しめる唯一の嗜好品だと思います。

 

タバコは、いまや「百害あって一利なし」と言われており、吸ったら毒みたいな言い方です。

その甲斐あって(そのせいで)、平成元年(1989年)には男性で61.1%も喫煙者がいましたが、それから30年後の平成30年(2018年)には男性で27.8%まで減少しました。

最新たばこ情報|統計情報|成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)

 

お酒も、飲みすぎるなよ、体に悪いぞ、とよく言われますね。

国からも、明確に情報が出されています。

アルコール健康障害対策|厚生労働省

 

これらの健康被害を裏付ける研究結果もあります。残念ながら反論の余地はないです。

どちらも、精神安定には絶大ですが、健康については、うーん、、、とならざるを得ません。

周りからいろいろ言われるのも仕方ありません。

 

それじゃあコーヒーは?

心の安定にも効果があり、なおかつ健康被害も少ない。

むしろ健康にいい、という研究結果をよく聞く。

コーヒーこそ、最強の嗜好品だと、Indoは改めて思います。

 

ただ、コーヒーにも害がないわけではありません。

コーヒー成分の一つである「カフェイン」には健康被害がある、と言われています。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。

厚生労働省HP 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

 

しかし、今は「デカフェ」と言って、コーヒー内のカフェインの9割近くを除去したコーヒーがあります。

しかも、カフェインの除去技術も進歩していて、水を使用した除去方法や超臨界二酸化炭素を使用した方法など、健康に害がなく、なおかつ、うまみ成分をたくさん豆に残すことができる方法が開発され、普及しています。

 

 デカフェ技術について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。 

デカフェコーヒーの作り方──既存の方法3種と未来の技術を紹介 |お菓子と科学のメディアのOPENLAB Review

 

カフェインのことも考えて、コーヒーは一日3杯まで、とよく言われます。

でも、それは「カフェイン」が原因であり、デカフェなら問題ありません。

デカフェはカフェイン含有量が通常の1割なので、単純計算で10杯で1杯分です。

そう考えると、適量は30杯となりますが、この量は適量がない、と言ってもいいと思います。

Indoは1日30杯も飲めないので。笑

 

スポンサーリンク

 

 

結論:コーヒーには適量がない

以上の考察をまとめます。

  1. 嗜好品に適量という考えがナンセンス
  2. デカフェ(カフェインレスコーヒー)なら何杯でもOK

適量と言っている時点でちょっと違くない?と思ったりもするのですが、

あえて適量を言うならば、条件付きではありますが、

コーヒーの適量は「何杯でもOK」です。

 

健康に良くてホッとできる。

心にも体にもいい影響を与えられる。

 

これからは「おいしいデカフェ」の時代です。Indoはそう考えます。

コーヒー第4の波(フォースウェーブ)は、「健康コーヒー」です。

 

フォースウェーブは健康コーヒーがみんなに広まって、一人でも多く、コーヒーのある暮らしを楽しんでほしいなー 

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。