Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

コクウ珈琲のお試しセットの風味の感想 ~苦味とキレが両立する素晴らしいブレンド~

 

f:id:indo-coffeeholic:20200524225318j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今回は、コーヒー通販企画第5弾で、「コクウ珈琲(こくうこーひー)」さんです。

ちなみに、コーヒー通販の詳細は以下の通りです。 

 

【コーヒー通販企画】

第1弾: ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE)

<記事>「ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE)」のお試しセットを飲んだ感想 ~コーヒー好きへのおすすめポイント満載!~

 

第2弾:珈琲きゃろっと 

<記事>「珈琲きゃろっと」のお試しセットを飲んだ感想 ~評判を超えるほどおいしかった!~

 

第3弾: 土居珈琲(ドイコーヒー、DOI COFFEE)

<記事>土居珈琲(ドイコーヒー, DOI COFFEE)の人気銘柄セットを飲んだ感想 ~極上のコーヒー体験を~

 

第4弾:待夢珈琲店(たいむこーひーてん, time coffee)

<記事>待夢珈琲店の通販でコーヒー豆を購入した感想 ~あらゆる高品質なコーヒー豆が選べるコーヒー豆のデパート~

 

 

コクウ珈琲さんは、岐阜県美濃加茂市にある珈琲屋で、岐阜にいたときに何度かお世話になった珈琲屋です。

 

通販があるということは知っていましたが、今回は、オンライン限定で「お試しセット」を販売していたため、思わず購入しました。

 

皆さんのコーヒー豆選びの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

お試しセットの内容と価格

f:id:indo-coffeeholic:20200524225318j:plain

 

今回購入したお試しセットは、2種類でそれぞれ100gなので、合計200gです。

 

  1. イタリアンブレンド(深煎り) 100g
  2. コクウブレンド(中煎り) 100g

 

送料込みの合計金額は1298円でした。

(本体価格1100円+送料198円)

 

こちらは、オンライン限定販売となっています。

 

200gと少量ながら、安く抑えられており、とても良心的だと感じました。

 

コクウ珈琲 オンラインショップ

 

 

 

購入した豆の焙煎度合いと風味の感想
  

f:id:indo-coffeeholic:20200524232106j:plain
f:id:indo-coffeeholic:20200524232134j:plain

 

ここからは、各種の焙煎度合いと風味について説明します。

 

焙煎度合いは、お店からの情報をもとに「コーヒーの焙煎度合いに明確な定義はあるのか?」の記事をベースに、Indoの目視で判断しました。

 

風味は、Indoの舌で、できる限り感じたことを素直に書きました。

そのためコクウ珈琲さんの説明と異なる表現が出てくることがありますが、それはご了承ください。

 

また、抽出はすべて「コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21 」で行っています。

 

 

 1.イタリアンブレンド

f:id:indo-coffeeholic:20200524232106j:plain

 

【焙煎度合い】

フレンチ〜イタリアンロースト(深煎り)

 

【抽出パラメータ】
豆の量 13g
抽出温度 85℃
抽出量 120ml
蒸らし時間 60秒
抽出時間 3分


【風味の感想】
口に入れたときは水のようにひとかたまりでした。

 

鼻に抜ける香りは、深煎り特有の「ロースト香」でしたが、そこまで強いわけではありません。

 

苦味が適度にありますが、キレが良く「もう一口飲みたい」となる、そんな魅力のあるコーヒーです。

 

 

2.コクウブレンド

f:id:indo-coffeeholic:20200524232134j:plain

 

【焙煎度合い】

シティ〜フルシティくらい(中煎り)

 

【抽出パラメータ】
豆の量 13g
抽出温度 85℃
抽出量 120ml
蒸らし時間 45秒
抽出時間 2分15秒

 

【風味の感想】

最初にナッツの香りがします。


味は、口に入れたとき、甘味と酸味が最初に来ます。

苦味は、はじめから終わりまでずっと感じます。


後味に少しライチ感があり、ライチが抜けたあとに苦味が現れて、口の中の余韻となって残ります。

 

ブレンドなので、複雑な風味の重なりがありました。

 

 

風味のまとめ

どちらの豆も、「苦味」に特徴がありました。

 

具体的には、しっかりした苦味なのに苦味が主張しすぎるわけではなく、「そこに確かにある」という感覚です。

今まで感じたことのない苦味で、感動しました。

 

何杯も飽きずに飲むことができます。 

 

 

風味以外のおすすめポイント

 

送料が安い

コクウ珈琲さんの通販サイトは香取君のCMでもおなじみの「BASE」を使用していました。

かなり使いやすかったです。 

 

 

こちらの送料は、「ポストにお届け」だと、198円です。

このくらいなら、頼んでも問題ないかな?と思えます。

 

 

 

 

コーヒーの伝統を守りつつ継承・革新する意思を感じる「コクウ珈琲」

 

f:id:indo-coffeeholic:20200527230736j:plain

引用:コクウ珈琲HP ( http://cocu-coffee.com/index.html )

 

昨今は、「スペシャリティコーヒー」がブームとなっており、「浅煎り」で「酸味やフルーツの香り」を楽しむコーヒーショップが増えています。

 

そんな中、コクウ珈琲さんは、苦味を愛しているように感じました。

 

日本の伝統的なコーヒー文化の継承者として、これからもますます技術に磨きをかけ、われわれ消費者を楽しませてくれることと思います。

 

わたしたちは、この「芸術作品」とも呼べるブレンド珈琲を楽しみ、わずかな時間ですが、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

そして、移動が解禁された際には、ぜひ店舗にも足を運び、その優雅なひと時を感じてみてください。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。