Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

TERA COFFEE(テラコーヒー)の豆を飲んでみた感想

 

f:id:indo-coffeeholic:20201106223403j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

いきなり私事になりますが、仕事で、10月に昇格しました。

平社員から、部下を持つマネージャーです。

少し余裕を見失いかけています。。。

 

今回ご紹介する「TERA COFFEE(テラコーヒー)」さんは、自分で購入したわけではなく、友人からの昇格祝で頂きました。

この友人は、自分のコーヒー好きのきっかけをくれた人でもあり、ある意味、人生の趣味を見つけてくれた人です。

 

その友人から、「ブログを楽しみにしている」ということで、自分の記事を楽しみにしている人が一人でもいる、ということは、やる気になるものですね。

 

今回も、みなさんのコーヒー豆選びの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

TERA COFFEE(テラコーヒー)の情報

 

TERA COFFEE(テラコーヒー)」さんは、基本的にスペシャルティコーヒーグレードの豆を使用しています。

また、実店舗は、「白楽店」と「大倉山店」があります。

 

TERA COFFEE 白楽店
〒221-0065 横浜市神奈川区白楽129番地
TEL/FAX:045-309-8686
営業時間:10:00〜19:30
定休日:年中無休(年始と夏季休暇、マシンメンテナンス休業あり)
東急東横線「白楽駅」より徒歩1分

 

TERA COFFEE 大倉山店
〒222-0037 横浜市港北区大倉山1丁目3-20
TEL/FAX:045-541-6016
営業時間:10:00〜19:30
定休日:年中無休(年始と夏季休暇、マシンメンテナンス休業あり)
東急東横線「大倉山」より徒歩1分

 (友人の家が横浜市であることがばれてしまいました…) 

 

 

もちろん、コーヒー通販も実施しています。

 

 

 

 コーヒーの風味の感想

 

 今回は、「コスタリカ」と「グアテマラ」を100gずつ頂きました。

しかも、お店のロゴが入ったかわいい箱までついていました。

f:id:indo-coffeeholic:20201106221917j:plain

 

それでは、今回のコーヒーの感想です。

 

焙煎度合いは、お店からの情報をもとに「コーヒーの焙煎度合いに明確な定義はあるのか?」の記事をベースに、Indoの目視で判断しました。

 

風味は、Indoの舌で、できる限り感じたことを素直に書きました。

そのためお店の説明と異なる表現が出てくることがありますが、それはご了承ください。

 

また、抽出はすべて「コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21 」で行っています。

 

 

 

 

コスタリカ ジャサル

f:id:indo-coffeeholic:20201106222547j:plain

 

焙煎度合い:ミディアムロースト(浅煎り)

豆の量:13g

抽出量:120ml

お湯の温度:90℃

蒸らし:30秒

抽出時間:1分30秒

 

【感想】

コスタリカはハニープロセスと言って、甘みを残すような独特な精製方法をしています。

こちらの豆もシロッピーな甘みがあり、それに加えて果実の酸味を感じられるようなコーヒーです。

この豆は甘さと酸味がうまく調和していて美味しいです。

 

Indoはこのコーヒーを飲むと軽やかな気持ちになるため、朝の一杯におすすめです。 

 

※精製方法については、「コーヒー豆の精製方法とそれぞれの風味の特徴」を読んでみてください。

  

 

グァテマラ サンタカタハーナHAB

f:id:indo-coffeeholic:20201106225517j:plain



フレンチローストくらい(深煎り)

豆の量:13g

抽出量:120ml

お湯の温度:85℃

蒸らし:45 秒

抽出時間:2分15秒

 

【感想】

グァテマラには、特有のクセがあります。

このくせがたまらなくいいのですが、これをしっかり感じられる焙煎でした。

また、スモーキーな苦味があり、どっしりしていると印象と、後味はかすかな甘みの余韻があるのにすっと風味が消えていく、

重さと軽さが共存していて不思議な感覚になるのに、飲みやすいコーヒーです。

 

これは、ほっと一息つきたいときに飲みたいコーヒーです。

 

TERA COFFEE(テラコーヒー)全体の印象


どちらの豆も、一つの風味が際立つことがなく、ちょうどいいバランスで、なおかつ豆の持つ風味を活かした焙煎がされている印象でした。

焙煎が上手だと思いました。


Indoは、バランスの取れたコーヒーが好きなので、今回飲んだ印象では、ここのコーヒーが好きになりました。

 

 

 

その他のおすすめポイント

 

自分なりに、「TERA COFFEE(テラコーヒー)」さんの、いいと思ったところを上げていきます。

 

・ハンドドリップでコーヒーを提供している

これは、かなり細かいことかもしれませんが、「焙煎した人が何で抽出するか」というのは、豆の風味に大きな影響があります。

なぜなら、抽出方法に合うように風味を調整してコーヒー豆を焙煎するからです。

 

TERA COFFEE(テラコーヒー)」さんは、ハンドドリップで提供しているため、ハンドドリップに一番合うような風味の豆を焙煎します。

 

Indoもコーヒーはハンドドリップですので、より自分好みのコーヒーが飲めるのかなーと思います。

 

・オリジナルグッズがおしゃれ

HPを見ると、「マグカップ」や「トートバッグ」、「ドリッパー」などが販売されています。

f:id:indo-coffeeholic:20201106232542j:plain

引用:http://shop.teracoffee.jp/?mode=cate&cbid=395496&csid=0

どのグッズもかわいくておしゃれで、思わず「ほしい」と思ういいものばかりです。

これらは、オンラインショップで購入できます。

TERA COFFEE オンラインショップ

 

 

 

LIFE NEEDS COFFEE.  人生に特別な一杯を。

 

こちらは、HPのトップメッセージです。

以下はこう続きます。

いいコーヒーは、いい豆から。
人生をちょっと豊かにする特別な一杯を目指して、
おいしさのためにできることのすべてを、
今日もこつこつと続けています。

引用:TERA COFFEE and ROASTER

 

コーヒーがなくても生きていける。

でも、コーヒーがあれば、人生が特別になる、豊かになる。

 

目の前の仕事に必死で、見失いかけていた余裕を思い出させてくれる、そんな力がこのコーヒーにはありました。

余裕を見つけたいときに、買ってみてはいかがでしょうか。

 

 

素敵なコーヒーライフを。

 

 

P.S.

このコーヒーをくれた友人に感謝。

ブログ書きましたよ。