Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

千葉市のスペシャルティコーヒー専門店「マスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)」のお試しセットを飲んだ感想

 

f:id:indo-coffeeholic:20200917215815j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

コーヒー通販企画の第8弾!

今回は、マスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)さんです。 

 

これは、「借金玉」氏(@syakkin_dama)という方の本に興味を持った時に、彼についていろいろ調べていたら、なんと、コーヒー店とコラボしているではありませんか!?

 

本よりこっちが気になる!となってしまい、迷わず「豆」を購入しました。

 

お試しセットが「ブレンド」と「シングルオリジン」で2セットあり、今回は「シングルオリジン」のお試しセットを飲みましたので、その感想について書いていこうと思います。 

 

 

マスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)のお試しセットの内容

f:id:indo-coffeeholic:20200917215936j:plain

 

マスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)さんのお試しセットは、

この2種類あります。

このうち、Indoは「シングルオリジンお試しセット」を購入しました。

 

シングルオリジンお試しセットは、2020/9/5現在、11種類の豆から4種類が選べます。

自分で豆を指定して頼むこともできますし、お店のおまかせにすることもできます。

 

様々な通販で豆を購入してきましたが、100g単位で4種類も豆を選ぶことができるマスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)さん、ありがとうございます。

しかも送料無料。

 

今回、Indoは、4つの豆(エチオピア、タンザニア、グアテマラ、インドネシア)を指定して頼みました。

選んだ理由は、単純にIndoの好みです。

 

 

 

各種コーヒー豆の風味の感想

ここからは、各種の焙煎度合いと風味について説明します。

 

焙煎度合いは、お店からの情報をもとに「コーヒーの焙煎度合いに明確な定義はあるのか?」の記事をベースに、Indoの目視で判断しました。

 

風味は、Indoの舌で、できる限り感じたことを素直に書きました。

そのためお店の説明と異なる表現が出てくることがありますが、それはご了承ください。

 

また、抽出はすべて「コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21 」で行っています。

 

 

1.エチオピア イリガチェフ フローラル G1

f:id:indo-coffeeholic:20200917220123j:plain

一般的に、イリガチェフは、とにかく香りが「華やか」で、酸味や甘みに特徴があります。

 

そしてマスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)さんの豆も、華やかさ、酸味、甘みが際立ちました。

フレーバーはフローラルで、華やかな香りが口いっぱいに広がります。

豆のままでも、華やかな香りやチョコレートのような香りがします。

 

コーヒーの概念を覆す一杯です。

 

【抽出パラメータ】

焙煎度 シティロースト(中煎り)
13g
120ml
86℃
蒸らし30秒
抽出時間2分

※お湯の量を150mlで抽出すると、主に香りと甘味を楽しめるコーヒーにできます。  

 

2.タンザニア AB リビングストン

f:id:indo-coffeeholic:20200917220359j:plain

タンザニアは、日本では「キリマンジャロ」というブランドで知られています。

キリマンジャロは、苦味、酸味、甘味、香り、コクのバランスがよく、雑味がなくキレが良いコーヒーというイメージです。

 

このタンザニアは、自分のイメージよりはフルーティな酸味が感じられ、ナッツ系の香りもありました。

キレが強く、飲んだことを一瞬で忘れてしまうコーヒーで、カップへの手が止まりません。

朝の目覚めに何杯でもいける豆です。

 

【抽出パラメータ】

焙煎度 ハイローストくらい(浅~中煎り)
13g
120ml
86℃
蒸らし30秒
抽出時間2分

 

3.グアテマラ リベルタッド メレンゲ

f:id:indo-coffeeholic:20200917220605j:plain

 

 グアテマラは、「酸味」と「甘味」と「ほど良い苦味」が調和した、コーヒーらしらしい風味を持つ豆です。

 

今回の豆は、そのグアテマラらしい、「柑橘系の酸味」と「シロッピーな甘み」、「ほど良い苦味」が調和した豆で、「あー、グアテマラだなー」と感じる一杯でした。

 

コーヒーらしさを楽しみつつ、いつもと違う酸味やフレーバーを感じたい、という方に特におすすめです。

グアテマラは、いつもの1杯に最適な豆だと思います。 

 

【抽出パラメータ】

焙煎度 ハイローストくらい(浅~中煎り)
13g
120ml
85℃
蒸らし40秒
抽出時間2分

 

4.インドネシア マンデリン SG taboo

f:id:indo-coffeeholic:20200917223705j:plain

 インドネシアは、特徴的な苦味があり、重厚感を感じるイメージです。

このマンデリンは、「ダークチョコのような風味」と「わずかな酸味」、「深煎りの甘み」を感じられ、一口の飲みごたえはあるものの、比較的キレがよく、重すぎないため、深煎りにしては飲みやすいです。
 

【抽出パラメータ】

焙煎度 フレンチロースト(深煎り)

13g
120ml
81℃
蒸らし45 秒
抽出時間3分

 

 

マスタッシュコーヒーさんの全体の印象

全体的に、豆の持つ特徴を活かすような焙煎を心掛けている印象です。

そのため、どの産地のコーヒーも風味に違いがあり、気分によって楽しむことができました。

 

 

 

同梱されていたもの一覧

1.ブレンドコーヒーの紹介チラシ

f:id:indo-coffeeholic:20200917224002j:plain

 

名前が特徴的なブレンドです。

「これを飲んだら人生を始めよう」なんて、まるでエッセイのタイトルです。

それもそのはず。

 これは「借金玉」氏がブレンド案を考えた豆ですから。

  

2.スペシャルティコーヒーの説明・シングルオリジンの紹介チラシ

f:id:indo-coffeeholic:20200917224037j:plain

 

 11種類のスペシャルティコーヒーの「一言メモ」と、「生産地」「栽培品種」「標高」

「グレード or スクリーンサイズ」、そして「甘み」「酸味」「苦味」「コク」の評価が書かれています。

 

ぱっと見、読んでも分からないかもしれませんが、「生産地」「栽培品種」「標高」

「グレード or スクリーンサイズ」の情報があることで、「シングルオリジンである」ことが証明されています。

 

珈琲屋によっては、この情報を開示しないお店もありますが、私は、情報が明らかになっているほうが安心でき、長くお付き合いしたいと思います。

 

産地が明らかな食材と、産地が特定できない食材、どちらを消費者は安心して選べるでしょうか?

わたしは「産地が明らかな食材」が安心できます。

 

 

 

コーヒー好きのロールモデル!?開店までの思考が共感できる

f:id:indo-coffeeholic:20200919113300j:plain

マスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)さんのHPの”About us”内において、マスターが、「自家焙煎コーヒー豆屋になるまで」というブログを書いています。

 

コーヒーに興味を持ってからマスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)を始めるまでの流れが、共感できる内容でしたので紹介します。

 

 ---------------------

  1. 普段と違うコーヒーを飲み、コーヒーに興味を持つ
  2. ハンドドリップの器具を買って、抽出を探求する
  3. 抽出だけでなく、焙煎にも興味を持つ
  4. 焙煎を深めたくて、勉強に行く
  5. 最高のコーヒーを再現するために・・・
  6. 気づいたら店をやっていた

 ----------------------

 

マスタッシュコーヒー(MUSTACHE COFFEE)さんは、ぼくたちコーヒー好きの「開店」までの道を示していると思いました。

 

機会があれば、ぜひマスターとお話ししたいと思いました。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。