Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)の「6種類お試しセット」を飲んでみた感想

 

f:id:indo-coffeeholic:20201221210624j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

 通販での購入も、これで第10弾となりました。

本日は、有名な「堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)」さんの「6種類お試しセット」です。

 

これまでのお試しセットの中でも最大種類の、「6種類」も楽しむことができる、欲張りセットです。 

どの豆にも特徴があり、飲んでいて飽きませんでした。

 

よろしければ最後まで読んでいただければ幸いです。

 

 

 

 

 堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)について

所在地など

店舗は国内5店舗、海外1店舗の計6店舗があります。

なお、こちらの内容は以下のリンク先から情報を拝借しました。

詳細については、下記・もしくは店名のリンクからご覧ください。

店舗紹介 | 堀口珈琲 HORIGUCHI COFFEE

 

世田谷店
住所:〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-12-15

TEL:03-5477-4142

営業時間:11:00~19:00

定休日:第3水曜日


狛江店
住所:〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1-1-30

TEL:03-5438-2143

営業時間:10:00~19:00(喫茶は18:00まで)

定休日:月曜日(祝日の月曜日は営業し、翌火曜日をお休みします)


上原店
住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原3-1-2

TEL:03-6804-9925

営業時間:10:00~19:00

定休日:日曜日
※祝日は通常どおり営業しています。


三鷹下連雀店
住所:〒181-0013 東京都三鷹市下連雀5-1-1-E4

TEL:0422-26-8665

営業時間:10:00~18:00

定休日:なし(夏季・年末年始の休業あり)


Otemachi One 店
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 1階 102

TEL:03-6206-3470

営業時間:平日7:00~20:00(※当面は7:30~18:30)|土曜9:00~18:00

定休日:日曜・祝日


上海店
住所:中華人民共和国黄浦区上海市圆明园路133号104

TEL:+86 21-63333100

運営会社:三叶屋咖啡(上海)有限公司

 

HORIGUCHIのコーヒーについて

堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)さんは、生豆から品質にこだわっています。

一部の農園とパートナーを組み、高品質な生豆を安定的に供給してくれる体制を整え、生産者側、消費者側でウィンウィンの関係を構築しています。

 

ロースト(焙煎)では、生豆の持つポテンシャルを最大限に生かすような焙煎を追求しています。

一見当たり前のように思えますが、生豆は農作物のため、都度生豆の状態が変化します。

それを見極め、豆に合う焙煎をする。

簡単そうでとても難しいことを日々繰り返しています。

 

特に、深煎りへの強いこだわりがあり、ロースト臭や焦げ臭さが目立つ深煎りではなく、素材の個性が現れている深煎りを目指しています。

 

ブレンドは、新たな香味を生み出す創作行為だ、と表現しています。

独特の表現ですね。

 

※これらの情報はすべて HORIGUCHIのコーヒー | 堀口珈琲 HORIGUCHI COFFEE から引用しました。表現はIndoなりに変えた部分があります。

 

 

 

お試しセットの内容について

 

堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)さんの「6種類お試しセット」は、50g×6種類の、計300gのお試しセットとなっています。

Indoが頼んだ時は、以下の6種類でした。

  • ブレンド No.1(浅煎り)
  • ブレンド No.3(中煎り)
  • ブレンド No.7(中深煎り)
  • コスタリカ ラ・ロカ ラ・グラナディージャ ウォッシュト カトゥアイ(浅煎り)
  • コロンビア ラ・チョレラ ウォッシュト カトゥーラ(中煎り)
  • デカフェ コロンビア サンアグスティン(深煎り)

 

内容のバランスが良く、ブレンドの浅煎り、中煎り、深煎りとシングルオリジンの浅煎り、中煎り、深煎り(デカフェ込)となっています。

 

ちなみに、頼むタイミングによって、豆の内容が変化します。 

20/12/21現在、6種お試しセットは、ブレンドNo.1, 3, 7が同じで、残り3種類のシングルオリジンは違っていました。

 

6種セットの中に、好みの豆がや気になる豆がラインナップされていましたら、迷わず購入することをおすすめします! 

 

 

お試しセット各種の風味の感想

 

ここからは、各種の焙煎度合いと風味について説明します。

 

焙煎度合いは、お店からの情報をもとに「コーヒーの焙煎度合いに明確な定義はあるのか?」の記事をベースに、Indoの目視で判断しました。

 

風味は、Indoの舌で、できる限り感じたことを素直に書きました。

そのためお店の説明と異なる表現が出てくることがありますが、それはご了承ください。

 

また、抽出はすべて「コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21 」で行っています。

 

 

ブレンド No.1

f:id:indo-coffeeholic:20201221213929j:plain

ミディアムロースト(浅煎り)
豆の量:13g
抽出量:120ml
抽出温度:90℃
蒸らし:30秒
抽出時間:1分40秒

 

感想

酸味と甘みと香りが立つ、浅煎りのコーヒー。
バニラ、ナッツ、柑橘系のフレーバー。
ブレンドのためか、風味が際立つことなく、浅煎りでバランスがとれており、飲みやすい。

 

ブレンド No.3

f:id:indo-coffeeholic:20201221213949j:plain

ハイ〜シティローストくらい(中煎り)

豆の量:13g
抽出量:120ml
抽出温度:87℃
蒸らし:45秒
抽出時間:2分

 

感想

クリアな一杯。
口に入れた瞬間のマウスフィールは透き通っています。
ほかにも、梨の風味、シロッピーな甘みがありました。
酸味甘み苦味コクがバランス良く調和されていて、ハイレベルなブレンドだと感じました。
毎日飲みたいコーヒーです。

 

ブレンド No.7

f:id:indo-coffeeholic:20201221214008j:plain

フルシティロースト(中深煎りくらい)

豆の量:13g
抽出量:120ml
抽出温度:80℃
蒸らし:50秒
抽出時間:2分40秒

 

感想
ビターチョコレートの風味と、ほのかなスモーキーさが、気持ちを落ち着かせてくれる一杯。
苦味が強すぎるわけではなく、酸味も残っているため、後味のキレあり。
Indoの好み。

 

コスタリカ ラ・ロカ ラ・グラナディージャ ウォッシュト カトゥアイ

f:id:indo-coffeeholic:20201221214026j:plain

ミディアムロースト(浅煎り)
豆の量:13g
抽出量:120ml
抽出温度:91℃
蒸らし:30秒
抽出時間:1分40秒

 

感想

ナッツの香り。甘みが強い。
クリーンカップでごくごく飲めます。


コロンビア ラ・チョレラ ウォッシュト カトゥーラ

f:id:indo-coffeeholic:20201221214042j:plain

シティロースト(中煎り)

豆の量:13g
抽出量:120ml
抽出温度:85℃
蒸らし:45 秒
抽出時間:2分20秒

 

感想

苦味がありますが酸味もあるため、後味のキレあり。
また、浅煎りのときに感じるフレッシュな風味も残っていて、一杯でいろんな風味を楽しめるコーヒー。


デカフェ コロンビア サンアグスティン

f:id:indo-coffeeholic:20201221214058j:plain

フレンチローストくらい(深煎り)

豆の量:13g
抽出量:120ml
抽出温度:82℃
蒸らし:45 秒
抽出時間:2分30秒

 

感想
スモーキー、ライチ、カラメル

苦味の中にもライチのフレッシュさがあり、後味はキレがいい。

デカフェと言われなければ分からないほど風味豊かなコーヒー。

 

全体の印象

HPでも説明があるとおり、豆の風味を生かした焙煎がされているのだと感じられます。

例えば、深煎りのブレンドなど、ただ苦いだけでなく、酸味を残しつつ深煎りに焙煎しています。(酸味は焙煎が進むにつれて消える。)

深煎りの中で、豆の風味が生かせるぎりぎりのところを狙って焙煎しているのだと感じました。 

 

 

 

堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)さんの個人的おすすめポイント

1.豆のバリエーションが豊富

 現在、堀口珈琲は、ブレンド9種類、シングルオリジン(デカフェ込)14種類の合計23種類のコーヒー豆をラインナップしています。

 

ブレンドは、焙煎度合いや風味の違いがあります。

シングルオリジンは、世界各地域(東南アジア、アフリカ、中米、南米)の豆がそろっています。

さらに、同一の国内でも「産地・農園」が違っていたり、同じ豆でも「焙煎度合い」が違っていたりと、様々な角度からコーヒー豆の比較をすることができるようになっています。

 

2.デカフェがおいしい

飲んでみて確かに分かりましたが、このコーヒー豆は、「デカフェです」といわれなければ分からないほど風味がしっかりしています。

 

Indo的には、午後に飲むコーヒーはできればデカフェがいいと考えているため、「おいしいデカフェ」があるかどうかは重要な指標です。 

 

その点、 堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)さんにはおいしいデカフェがある、ということで、Indo評価はかなり高いです。

 

 

 

まとめ~堀口珈琲(HORIGUCHI COFFEE)の「6種類お試しセット」を飲んでみた感想~

 

堀口珈琲さん、よく耳にするロースターなので、すごいのかなーとうすうす感じていましたが、素晴らしいです。

一瞬で虜になってしまいました。

 

個人的には今後、デカフェとブレンドでお世話になる予定です。

(9種類もブレンドがある珈琲屋は、ほとんど聞かないですよ!)

 

この記事がどれほど役に立つかはわかりませんが、みなさんのコーヒーライフが、少しでも充実したものになることを願っています。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。