Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

植物としてのコーヒー

f:id:indo-coffeeholic:20190620230339j:plain

「ケーラーの薬用植物」より引用  ジャスミンのような可愛らしい白い花が咲きます

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

そもそも、植物としてのコーヒーって、皆さんどんなものかわかりますか?

「植物だとは思うけど、どんな植物なの?」

「コーヒー豆は、その植物のどこの部分なの?」「木なの?草なの?」

「どんな風に実や種がなっているの?」

これらの問いにお答えしていきます。

 

 

 

 

コーヒーの植物学的な分類は?

 

コーヒー豆をつける植物の正式名称は、「コーヒーノキ」といいます。

「植物界被子植物真正双子葉類キク類リンドウ目アカネ科コーヒーノキ属」に属しています。アカネ科という植物です。

ごめんなさい、正直よくわかりません。。。植物学者の方に詳しく聞いてください。

コーヒーノキなんて、名前そのままじゃん。はい、そのままです。名前の通り、幹がある木です。

ちなみにお茶の木は「チャノキ」っていうみたいです。単純で覚えやすいですね。

 

 

コーヒー豆ってどの部分?

 

コーヒーノキには、コーヒーの実がなります。コーヒーの実のことを「コーヒーチェリー」といいます。コーヒーチェリーは、未熟の場合は緑ですが、完熟すると赤くなります。完熟で黄色やオレンジになる実もあります。

f:id:indo-coffeeholic:20190620230740j:plain

コーヒーチェリー

  この中に種子があります。種子がコーヒーの生豆です。この生豆を焙煎して、我々が普段見ている茶色いコーヒー豆になります。

 

 f:id:indo-coffeeholic:20190620230716p:plain

コーヒーチェリーの断面図

 

コーヒーチェリーを割って断面から見ると、半月型の生豆(フラットビーン)が向かい合って2つ入っています(緑の部分)。その周りをシルバースキン、パーチメント(内果皮)、ミューシレージ(ペクチン層)、果肉、外皮の順で覆っています。

コーヒーチェリーから生豆以外の部分を取り除く方法には何種類かあり、カップの風味の特徴として表れます。

 

たまに、コーヒーチェリーの中に豆が1つのときがあります。これを「ピーベリー」と言います。木の上のほうでなりやすいです。風味は、ピーベリーはこれ!というものはないように思います。フラットビーンピーベリーかというより、豆の品種の差のほうがカップの風味の差は大きいです。

 

果肉は、驚くほど甘いらしいです。一度食べてみたいものです。 

 

イエメンでは、果肉を乾燥させて煮だして飲む、「ギシルコーヒー」というものがあります。フレーバーティーのようなすっきりとした味わいといい香りがして、私は好きです。

ギシルコーヒーに関しては、以下のブログが詳しいです。

ギシルコーヒー | 達人に訊け! | 中日新聞プラス

 

  

植物としてのコーヒー まとめ

 

どうでしょうか?

コーヒーが植物としてどういったものか、少しわかりましたか?

 コーヒーは、「コーヒーノキになる果実の中の種子」です。

種が、ここまで世界中の人々を魅了していると思うと、コーヒー豆恐るべしです。

 

 

素敵なコーヒーライフを。