Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

「ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE)」のお試しセットを飲んだ感想 ~コーヒー好きへのおすすめポイント満載!~

 

f:id:indo-coffeeholic:20200215142143j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

引っ越し後、なかなかいいコーヒー屋さんを見つけられずにいたIndoですが、先日、思い切って初めて通販でコーヒー豆を購入しました。

 

話題になっていた、ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) さんです。

 

今回は「お試しセット」を購入しましたが、買ってみたら大満足なコーヒーでしたのでそのレビューを書いていきます。

 

「通販のコーヒー豆ってどうなんだろう?」

「スペシャルティコーヒーって飲んだことないけどお店に行ってもよく分からないし、ハードルが高くて買えない・・・」

「でも、スペシャルティコーヒー飲んでみたいなー」

と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

ロクメイコーヒーのお試しセットの内容と価格

 

f:id:indo-coffeeholic:20200215222922j:plain

(左)ロクメイ (中央)サルサワ (右)エチオピア

2020年2月8日現在、お試しセットの内容・価格は「100g x 3種類で税込2160円 (送料無料)」となっています。

 

3種類の豆は、以下の通りです。

  • ロクメイブレンド 
  • サルサワブレンド
  • エチオピア シダモ グジ ナチュラル 

 

100gあたり税込み720円です。

Indoの近所にあるスペシャルティコーヒーの店舗では100gで800円~ですので、スペシャルティコーヒーでこの価格はお買い得です!

 

また、3種類を届けてくれるため「どの焙煎度合いが好みだろうか?」と、実際に飲んでみてから自分が気に入ったコーヒーを選ぶことができるのでおすすめです。

 

 

各種類の豆の焙煎度合いと風味の感想

 

ここからは、各種類の焙煎度合いと風味について説明します。

 

焙煎度合いは、「コーヒーの焙煎度合いに明確な定義はあるのか?」の記事をベースに、Indoの目視で判断しました。

 

風味は、Indoの舌で、できる限り感じたことを素直に書きました。

そのため、ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) のHP上と異なる表現が出てくることがありますが、それはご了承ください。

 

ロクメイブレンド

f:id:indo-coffeeholic:20200215143826j:plain

※容器は私物です。 

 

【焙煎度合い】

ハイローストくらい(浅煎り~中煎りくらい)

 

【抽出条件】

コーノ名門ドリッパー

豆13g

抽出量120ml

抽出温度86℃

蒸らし30秒

抽出時間1分30秒

 

【風味】

クリーンカップで、酸味・甘みが強く、雑味は一切ありませんでした。

 

後味の甘みがシロッピーで、苦味がありませんでした。

 

「ザ・浅煎りブレンド」と言った感じで、冷めてもおいしい、いいコーヒーでした。

 

サルサワブレンド

 f:id:indo-coffeeholic:20200215222058j:plain

 

【焙煎度合い】

ハイ~シティローストくらい(浅めの中煎り)

 

【抽出条件】

コーノ名門ドリッパー

豆13g

抽出量120ml

抽出温度85℃

蒸らし45秒

抽出時間2分

 

【風味】

風味は、はじめに酸味、その後苦味、最後に甘みとコクの順に口の中で感じられました。

もちろん、雑味は一切なく、冷めてもおいしく飲めました。

 

焙煎度合いが浅めの中煎りなので、コクはIndoが思っていたよりも深くなく、口に入れた瞬間の酸味が際立つ印象を持ちました。

 

 

ロクメイブレンドより苦味・甘味・酸味のバランスを楽しみたい人におすすめです。

 

エチオピア シダモ グジ ナチュラル

 f:id:indo-coffeeholic:20200215224329j:plain

 

【焙煎度合い】

ミディアム~ハイロースト(浅煎り)

 

【抽出条件】

コーノ名門ドリッパー

豆13g

抽出量120ml

抽出温度90℃

蒸らし30秒

抽出時間1分45秒

 

【風味】

まず、豆の香りが「ベリーチョコレート」を思わせるいい香りでした。

カップでも同様の後味が感じられました。

 

カップは、雑味のないクリーンカップでした。

風味は、酸味と甘みが際立った特徴的なコーヒーです。

冷めてくると、口に入れた瞬間に「メロン」や「イチゴ」の風味が感じられました。

 

エチオピアといえば特徴的な香りですが、こちらのコーヒー豆は、抽出前から飲み終わるまでこのベリーチョコレートのような香りを楽しむことができ、素敵な時間を過ごすことができました。

 

焙煎度合いと風味のまとめ

ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) のコーヒー豆は、「浅煎りがメインのお店だなー」と感じました。

 

スペシャルティコーヒー専門店なので、豆の特徴を最大限に楽しむために浅めの焙煎というのは当然ですね。

 

風味に関しては、さすが一流の焙煎士。

どの豆も豆の特徴を引き出しており、さらにどれも雑味がない「クリーンカップ」でした。

 

これは好みですが、Indoは、毎日飲むなら「サルサワブレンド」、

休日の楽しみには「ロクメイブレンド」か「エチオピア」でスッキリな朝という感じで飲みたいと思いました。

 

 

風味以外のおすすめポイント

 

ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) を購入して分かった、風味のすばらしさ以外にいいと感じたおすすめポイントを紹介します。

 

焙煎日が分かる

コーヒー豆の「焙煎日」が分かるようになっていました。

珍しいと思います。

f:id:indo-coffeeholic:20200215230317j:plain

 

一般的に豆のまま常温保存するとコーヒーの賞味期限は「3週間~1か月」と言われています。

その間に飲むことで風味を最大限に楽しめます。

 

焙煎日を載せるということは、コーヒー豆の鮮度が重要だと考えている証拠であり、購入者としては品質に対して安心できます。

 

チラシが充実している 

コーヒー豆と同封されて、4枚ほどチラシが入っていました。

f:id:indo-coffeeholic:20200215231634j:plain

 

一番左のポストカードにひと言が書かれており、嬉しくなります。

 

また、一番右の「美味しいコーヒーの淹れかたbook」と言うのが、とても役立つ内容でした!

抽出温度やコーヒー豆と抽出量の関係などが書かれており、他の場面でも使えそうでした。(内容は、買ってから見てね。)

 

ポスト投函で配送してくれる

これも細やかな気づかいだと感じたのですが、ポスト投函の配達は、受取時の不在の心配がなくていいです。

 

コーヒー豆は、焙煎後3日~1週間が飲み頃と言われております。 

不在票が入ると、その分手元に届く日時が遅れてしまい、おいしいと言われるタイミングを逃す可能性が出てきます。

 

そういった心配をせずに、必ず最もおいしい日に届くので、コーヒーの鮮度にこだわるIndoにはたまりません。 

 

 

 

スペシャルティコーヒーのネット通販なら「ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE)」のお試しセットがおすすめ!

 

華やかな香りや透き通る酸味、産地ごとの風味の特徴の違いといった、スペシャルティコーヒーを楽しみたい人は、間違いなくロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) がおすすめです。

 

お試しセットは、「安い」「飲み比べができる」「品質がいい」という点で特におすすめです。

 

ちなみに、サイトを見ると「サルサワブレンド」がロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) の中では最も焙煎度合いが深いかなーと思います。

 

なので、フレンチローストなどの「深煎りコーヒー」を普段から飲んでいる人は、このお店のコーヒーを飲むときは、「スペシャルティコーヒーという、コーヒーとは別の飲み物」くらいの気持ちで飲むと、新たな発見ができて楽しいと思います。

  

ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) のお試しセットを飲んだら、間違いなくコーヒーの印象はがらりと変わります。

 

はじめてスペシャルティコーヒーを飲む人も、Indoのように「おいしいコーヒー屋、ないかなー」と探している人にもぜひおすすめです。

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。