Indoの素敵なコーヒーライフ

皆様に素敵なコーヒーライフを送っていただきたいと思い、ブログにいろいろ書き綴っていきます。

MELLOW COFFEE(メロウコーヒー)のPOST便の感想 ~素材の風味を引き出す丁寧な焙煎がされたコーヒー~

 

 

f:id:indo-coffeeholic:20200607113740j:plain

 

どーも、コーヒー大好きIndoです。

 

今回は、コーヒー通販企画第6弾で、「MELLOW COFFEE(メロウコーヒー)」さんです。

岡山県高梁市の山あいにある珈琲屋らしいです。

 

Instagramでコーヒーに関することをアップしたら、「いいマンデリンが焼けました!」とコメントをいただいたため、「おすすめのマンデリン、飲んでみたい!」 と思い、購入しました。

 

ちなみに、コーヒー通販企画は以下の通りです。 

 

【コーヒー通販企画】

第1弾:ロクメイコーヒー(ROKUMEI COFFEE) Indoの感想記事は→こちら

 

第2弾:珈琲きゃろっと Indoの感想記事は→こちら

 

第3弾: 土居珈琲(ドイコーヒー、DOI COFFEE) Indoの感想記事は→こちら

 

第4弾:待夢珈琲店(たいむこーひーてん, time coffee) Indoの感想記事は→こちら

 

第5弾:コクウ珈琲 Indoの感想記事は→こちら

 

 皆さんのコーヒー豆選びの参考になれば幸いです。

 

 

 

  

POST便の内容と価格

f:id:indo-coffeeholic:20200607162553j:plain

 

今回購入したPOST便は、組み合わせ自由でした。

合計200gで、指定の内容ならどの組み合わせでもOKでした。

選択肢は6つで、以下の内容です。

  1. エチオピア ゲデブ ウォッシュド 浅煎り
  2. コスタリカ ラスラハス ナチュラル 浅煎り
  3. グアテマラ ラ・ベガ ウォッシュド 浅煎り
  4. コロンビア エル・プラン農園 ウォッシュド 深煎り
  5. インドネシア マンデリン ビートル スマトラ式 深煎り
  6. デカフェ オーガニック ウォッシュド モカ 中煎り

  

今回は、5と6を100gずつ選びました。

 

 

送料込みの合計金額は1348円でした。

(本体価格1150円+送料198円)

 

200gと少量ながら、安く抑えられており、とても良心的だと感じました。

 

また、1種類の豆を200gでも、2種類を100gずつでも、柔軟に選べるため好感度高いです。

 

MELLOW COFFEE オンラインショップ

 

 

 

購入した豆の焙煎度合いと風味の感想

f:id:indo-coffeeholic:20200607154853j:plain
f:id:indo-coffeeholic:20200607154909j:plain

 

ここからは、各種の焙煎度合いと風味について説明します。

 

焙煎度合いは、お店からの情報をもとに「コーヒーの焙煎度合いに明確な定義はあるのか?」の記事をベースに、Indoの目視で判断しました。

 

風味は、Indoの舌で、できる限り感じたことを素直に書きました。

そのためお店の説明と異なる表現が出てくることがありますが、それはご了承ください。

 

また、抽出はすべて「コーノ 名門 2人用 フィルター MDN-21 」で行っています。

 

 

 

 インドネシア マンデリン

f:id:indo-coffeeholic:20200607154853j:plain

 

【焙煎度合い】

フルシティ〜フレンチロースト(中深煎り~深煎り)

 

【抽出パラメータ】
豆の量 13g
抽出温度 83℃
抽出量 120ml
蒸らし時間 45秒
抽出時間 2分50秒

 

【風味の感想】

こちらは苦味と甘味とほのかな酸味があり、バランスが良くて美味しかったです。


マンデリン特有の「土の香り」「木の香り」といったクセのある苦味や、シロッピーな甘味を感じました。

 

マンデリンのこのクセがいいですね!

 

エチオピア モカ デカフェ

f:id:indo-coffeeholic:20200607154909j:plain

 

【焙煎度合い】

シティ〜フルシティくらい(中煎り)

 

【抽出パラメータ】
豆の量 13g
抽出温度 85℃
抽出量 120ml
蒸らし時間 45秒
抽出時間 2分15秒

 

【風味の感想】

エチオピア特有の、フローラルな香りがありました。

 

風味は、「グレープフルーツ」のような酸味と苦味が混じった風味や、後味には「焼きいも」のような甘みも感じます。

 

エチオピアといえば「華やかな香り」と「果物のような風味」だと思っていますが、まさにそれらの風味を持ったデカフェです。

 

デカフェでここまで香りが華やかなものがあるのか!?と感動しました。

 

風味のまとめ

どちらの豆も、産地ならではの豆の特徴をよく引き出した焙煎を行っていると感じました。

 

具体的には、マンデリンといえば、独特な苦みがあるのですが、その苦味が感じられつつ、飲みやすく仕上げている印象でした。

 

エチオピアも同様に、香りや酸味が特徴的ですが、今回の豆も、柑橘のような風味を感じることができました。

 

MELLOW COFFEE(メロウコーヒー)さんの豆は、どの豆を選んでも間違いないおいしさだと確信しました。 

 

 

 

風味以外のおすすめポイント

 

送料が安い

MELLOW COFFEE(メロウコーヒー)さんの通販サイトは、CMでもおなじみの「BASE」を使用していました。

かなり使いやすかったです。 

 

 

 こちらの送料は、「ポストにお届け」だと、198円です。

このくらいなら、送料負担があまり感じないので助かります。

 

ハンドドリップのレシピを教えてくれる

f:id:indo-coffeeholic:20200607161421j:plain

 

購入時、こちらのチラシが入っていました。

 

MELLOW COFFEE(メロウコーヒー)さんの豆の風味を引き出すレシピを教えて頂けているのだと思います。

 

この記事を作成するときは、Indo独自のレシピで比較するようにしているため、上記の内容では抽出していませんが、記事を書き終えたら、このレシピでやってみます。

 

 

 

『珈琲時間』を豊かにすること

 

f:id:indo-coffeeholic:20200607164204j:plain

引用:MELLOW COFFEE HP(https://mellowcoffee.theshop.jp/about

 

 

『珈琲時間』を
豊かにするにはどうすればいいか

珈琲豆がどのように、どんな思いで作られて
長い旅路を経て私たちのもとに届き
誰がどのように
どんな思いで一杯の珈琲を頂くのか。
その一連の流れの〚間〛に居る事に感謝をしながら
焙煎という工程を任せていただき
皆様に〚ふだんの暮らしのここちよさ〛を
感じていただけたらと思っております。

 

引用:MELLOW COFFEE HP https://mellowcoffee.theshop.jp/

 

この一文から、焙煎を責任をもって、最高の豆を味わってほしいという気持ちが伝わります。

 

実際、今回のコーヒーも、素材の風味を生かした焙煎がされており、「また飲みたい!」と思いました。

 

通販のお店がありすぎて大変ですが、少しでも皆さんの選択肢が広がることを願っています。

 

もしこの記事を見て購入したときは、ひと言いただけたらと思います。

 

Indoがハッピーな気持ちになるので。笑

 

 

 

素敵なコーヒーライフを。